close

2020.11.09

選手情報

「重要なことはうまくいっている」ナダルがツアー最終戦初優勝狙う

「重要なことはうまくいっている」
そう語り、次の大会に目を向けたのは、世界ランキング2位のラファエル・ナダル(スペイン)だ。

11月8日まで開催された「ロレックス・パリ・マスターズ」(フランス・パリ/ATP1000)の準決勝で、ナダルは同7位のアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)に4-6、5-7で敗戦。2年連続でベスト4に終わった。

【関連記事】ノバク・ジョコビッチ「6度目の年間最終ランキング1位決定で最多タイに」
【関連記事】ナダルが史上4人目の快挙! キャリア1000勝目挙げる「特別な瞬間だ」

試合後、「負けたことは残念だ」としながらも、それもテニスというスポーツの一部だと考え、「僕は偉大なプレーヤーと対戦し、彼に負けたことを受け入れる。僕よりもいいプレーをしていた」と、勝者であるズベレフを称えた。
さらに、「彼(ズベレフ)が勝ってきたサーフェスで最後まで戦うことができた。だから、僕にとってポジティブな大会になった」と、準決勝で敗れたことに後悔はないとした。

そのナダルが次に見据えるのが、「Nitto ATPファイナルズ」。ツアー最終戦として、ランキング上位8名のみに出場が許される頂上決戦として知られ、これまでレジェンドプレーヤーが手にしてきた栄冠だ。

今シーズン、全仏オープンを制し、ロジャー・フェデラー(スイス)に並ぶグランドスラム20勝を挙げたナダルだが、意外なことに過去9度、今大会に出場しているにもかかわらず優勝できていないのだ。

その大会への意気込みを問われたナダルは、「ここで4試合戦うことができ、ロンドンでも役に立つと思う。いくつかのことを調整する必要があるけど、重要なことはすべてうまくいっている。(大会まで)あと1週間と少しだけど、変わらず練習して、準備したい」と、虎視眈々と初タイトルを狙うとした。

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

写真=田沼武男 Photos by Takeo Tanuma

関連する記事RELATED