close

2021.02.12

大会情報

大坂なおみが全豪OP4回戦のムグルザについて「好みの相手」

元世界1位との戦いに大坂なおみ
「エキサイティングなこと」

2月12日、全豪オープン5日目が行われ、世界ランキング3位の大坂なおみ(日清食品)が、同30位のオンス・ジャバー(チュニジア)に6-3,6-2のストレートで勝利。2年ぶり4回戦進出を決めた。試合後の会見で、次戦の同14位ガルビネ・ムグルザ(スペイン)について「好みに近い相手」だと明かした。

【動画】全豪オープン3回戦 大坂なおみ vs. O.ジャバー マッチハイライト

この日の試合で大坂は、ファーストサーブの確率が43%と調子は今ひとつだったが、26本のウィナーを奪取。また、ジャバーのアンフォーストエラーがウィナー数の倍近い33本に達したことで試合を優位に進め勝利を収めた。試合時間は1時間18分だった。

試合後、大坂は「自分のプレーがうまくいっていないように感じたし、アンフォーストエラーも多かった」と反省点があるとしたものの、「自分の戦い方には満足している」と勝利できたことを喜んだ。

次戦のムグルザに対しては、公式戦での対戦はないものの練習を共にしたことがあるという大坂。「一度、グラスコートで練習したことがあります。2、3年ぐらい前かな。彼女にとても印象付けられたのを覚えています。ウィンブルドン、全仏オープンで優勝するような彼女を見てきたので、彼女と対戦したいと思っていました。だから、本当にエキサイティングなこと」と試合を楽しみした。

さらに、スライスやドロップショットを織り交ぜてきたジャバーと比べて、次戦のムグルザの方が「私にとってはムグルザの方が好みの相手」だと戦いやすいともコメント。元世界No.1を破り、さらに勢いに乗ることができるか楽しみだ。

※ランキングは2月8日現在

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

写真=田沼武男 Photos by Takeo Tanuma

注⽬の記事PICK UP