close

2021.03.04

大会情報

錦織圭、2019年US以来の2連勝!! 韋駄天デミノーをフルセットで下して準々決勝進出!!!

長所を生かしてセットを取り合うが
最後は錦織が競り勝つ


ABNアムロ世界テニス・トーナメント本戦3日目、2回戦に臨んだ世界ランク45位の錦織圭(日清食品)は、同23位のアレックス・デミノー (オーストラリア)と対戦。6-3、2-6、7-5で勝利して、2019年USオープン以来となる連勝を果たした。

【動画】ネットにも積極的に出た錦織圭

1回戦、錦織は第7シードのフィリックス・オジェ・アリアシム(カナダ)と対戦。「内容が戻ってきているのがうれしい」と振り返ったとおり、ほぼ完璧な試合展開で勝利を収めている。一方、ジョン・ミルマン(オーストラリア)との同胞対決を制して2回戦に上がってきたデミノー。両者の戦いは、やはりタフな展開になった。

第1セット、初戦のストロークの調子を維持していた錦織は、深くリターンを入れていく。すると第3ゲームで早々とブレーク。デミノーは、持ち前のフットワークを生かして拾いつつ、サービスゲームでは早いテンポで錦織にプレッシャーをかけるが、ストローク戦で主導権を握る錦織はまったく動じない。5-3で迎えたデミノーのサーブをブレークして、6-3でセットを先取する。
第1セット、ファーストサーブの確率は61%というものだったが、セカンドサーブを80%と高確率でポイントに。相手にブレークチャンスを握らせなかった。なんとデミノーのアンフォーストエラーは14本、錦織が6本。いかに安定した第1セットだったかがわかる。

第2セット、錦織にピンチが訪れる。1オールで迎えた錦織のサービスゲームから、急にショットが不調に。デミノーが8連続ポイントを奪い、ブレークを許して1-3とされる。
第5ゲームをラブゲームでキープ。リズムを取り戻したかに見えたが、第7ゲームで再びブレークを許してしまい、2-6でセットを落とす。第1セットとは逆に、錦織がアンフォーストエラー11本、デミノーが7本というセットになった。

勝負の第3セット、錦織は第1ゲームでいきなりブレークのピンチを迎えるが、実に13ポイントを費やしてキープに成功。すると続く第2ゲーム、デミノーのフォア側を突いてミスを引き出すと先にブレークに成功。すると、錦織のフォアハンドが再び相手のコート奥深くをえぐっていく。4-2で迎えた第7ゲーム、0-40とピンチを迎えるが、ここからキープに成功。しかし、第9ゲーム、マッチポイントを迎えながら、ブレークを許す。
タイブレークに突入かと思われた第12ゲームでなんとブレーク。劇的な形で勝利を収めた。
 

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

Photo by Takeo Tanuma

タグ

注⽬の記事PICK UP