close

2021.11.04

メーカーズボイス

テニスもおしゃれも楽しみたい! だったら、レトロかわいい「Lee(リー)×Prince(プリンス)」がおすすめ

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

Lee×Princeをおしゃれに着こなす、スターテニスアカデミーでもお馴染みの季葉さん

「Lee×Prince」レトロかわいいから
オン・オフ問わず気軽に着られる!

テニスをプレーしている人たちの中では、「もっとうまくなりたい」「試合で勝ちたい」と一生懸命取り組んでいる人がいる一方で、「もっとおしゃれも楽しみたい」「気軽にテニスがしたい」など”ユルい”感じでやりたいという人も少なくないはず。そんな人たちにおすすめしたいのが、ジーンズで有名なブランド「Lee(リー)」と「Prince(プリンス)」がコラボレーションしたLee×Princeのアイテムだ。

【画像】え!? これがテニスウェア!? レトロかわいいLee×Princeコラボアイテム

5年前から発売しているLeeとプリンスのコラボアイテム。発売当初「プリンスからおしゃれなラケットケースが発売されている」と大きな話題となったが、昨今の若者の間で広がっている“レトロブーム”とも相まって、現在再びLee×Princeの注目度が上がっているという。両社のコラボはどのような背景で生まれたのだろうか。それは、両ブランドの担当者が1980年代のテニスシーンについて、「元世界No.1のアンドレ・アガシ(アメリカ)がデニムっぽい生地のショートパンツにTシャツを着てプレーしていた姿がかっこよかったよね」と話していたことがきっかけだった。



最近のテニスウェアは、吸水速乾など機能性を重視してポリエステル素材で作られているものがほとんどを占めており、綿(コットン)100%の着心地がいいカジュアルなウェアはほぼ見られなくなった。スポーツウェア感のない、普段着としても着られる綿のウェアなら、そのままコートに行ってプレーできる。汗をかいたらそのつど着替えて、おしゃれも楽しめる。そんな気軽なテニススタイルがあってもいいのではないか。両社ともに意見が合致し、“ON・OFF問わずに楽しめる”をコンセプトとしたブランドLee×Princeが誕生した。

デニム&ヒッコリーストライプでおしゃれにテニス!

「Lee」といえば“デニム”ということで、Lee×Princeシリーズでは、レディースショートパンツやメンズハーフパンツ、プリーツの入ったスカート、ラケットバッグなどにソフトデニムが使われており、デニムのアイテムが数多くラインナップされている。デニムは性別や年齢に関係なく誰が着ても似合うもの。ポリエステル素材のウェアからデニムに変えるだけで、一気にこなれたカジュアルな印象になる。「いつもとちょっと雰囲気を変えたい」「周りの仲間たちと少し差をつけたい」と思っているなら、Lee×Princeで気取らないおしゃれコーデを取り入れてみてほしい。


モデルの季葉さんが着ているコーデでテニスが楽しめる!

またデニムのアイテムは、通常のデニムと同様に、洗濯を繰り返すことで色落ちするため、経年変化を楽しみながら自分で育てていくこともできる。長く使い続けることで自分だけの、愛着の湧く一着となるはずだ。


おしゃれだけでなく、プレーすることを想定して細かい点が工夫されている点も特徴。例えば、レディースショートパンツのポケットの内側の生地にはメッシュの素材が使われているのだが、これは、砂入り人工芝のコートでプレーした時にボールにつく砂がポケット内で溜まるのを防ぐため。メッシュ素材にすることで砂が落ちるので、ポケット内で溜まらずお手入れも楽になる。



もう一つ、Leeを代表するデザインといえば、デニム生地に白い糸で縦縞模様を施した「ヒッコリーストライプ」である。もともとデニムは、約100年前のアメリカでは炭鉱などで働く作業員やカウボーイらが着るワークウェアとして位置づけられており、汚れたり破れたりしたら捨てる、といった消耗品としての側面が強かった。そこで、なるべく汚れが目立たないように、また見た目や色合いで涼しさが感じられるように、1927年にLeeが「ヒッコリーストライプ」と名づけて販売した歴史がある。今では“おしゃれ”と感じるヒッコリーストライプも、実用性を考慮して生まれたデザイン。汚れが目立たない、涼しさが感じられるといった効果は、テニスシーンでも十分に発揮してくれるはずだ。


ヒッコリーストライプのトートバッグ

”Leeならでは”という点では、ジーンズには生地を補強するために金属製リベットが活用されているものがあるが、Leeではカウボーイが馬に乗る際「リベットで馬が傷つく」という理由から、かんぬき止めによる補強を採用。また、ポケットの位置についても、パンツであればお尻の真ん中に寄せるのが一般的だが、これも馬を傷つけるという理由で、ポケットの形が”逆ハの字”になるように、ポケットとサイドシームまでの間隔(長さ)が決まっているという。このような細部にわたるLeeのこだわりは、Lee×Princeのアイテムにもしっかり反映されているのだ。


コーデュロイのメンズハーフパンツ

アイテム数が豊富!

イチオシはバックパックとトートバッグ

Lee×Princeの看板商品といえば、初期に発売され大人気となった「スライディングバッグ」である。帆布のような手触りの生地が使われており、街中でも違和感なく持ち歩きができる。高校生や大学生らを中心に人気を博したスライディングバッグは現在、残念ながら完売しているが、ほかにもさまざまな種類のラケットバッグがラインナップ。ラケットがグリップまですっぽりと入る横型のラケットトートや、ヒッコリーストライプのポケットがワンポイントになっている帆布素材風のトートバッグ、デニム調のバックパックやナイロン素材のトートバッグなど、自分のスタイルに合わせて好きなバッグを選ぶことができる。

ラケットトート()
グリップまですっぽり入る横型のラケットトート。ヒッコリーストライプがおしゃれ!

中でも特にイチオシなのが、バックパックとナイロン素材のトートバッグだ。バックパックは、外側に大きめのポケットがついており、ヒッコリーストライプとの組み合わせが抜群にかわいい。ラケットのグリップはバッグから出る仕様だが、ラケットを含め着替えやテニスシューズなど必要なものをしっかり入れることができる。一方のナイロン素材のトートバッグは、スーパーなどの買い物カゴにちょうど収まるサイズで、バッグの中身が見えないように紐でキュッと縛ることが可能。生地自体も丈夫で、牛乳パックなど少々重たいものでも持ち運べるので、エコバッグとして活用することもできる。テニスボールなら100球は余裕を持って入れることができ、ボールの持ち運びにもピッタリ。用途に合わせてさまざまな使い方ができそうだ。


前側に大きめのポケットがついたレトロかわいいバッグパック


ナイロン素材のトートバッグ


買い物カゴにすっぽり入り、紐で口を締めることができる

このほかに、サコッシュやネックポーチ、ミニトートなどもラインナップ。特にネックポーチは、キャッシュレス時代に合わせて小銭やカード、携帯電話など必要最低限の貴重品を持ち運びたいといったニーズにも応えてくれる。ちょっとしたお出かけにも重宝しそうだ。

秋冬に向けてコーデュロイやスエード、
ボアなどあったか素材のアイテムも!

バッグ以外のアパレルやグッズも種類は豊富で、前述したレディースショートパンツやスカートのほかに、Tシャツやロングスリーブシャツ、スウェット、キャップ、バイザー、ハット、ストールなども展開されている。Tシャツやロングスリーブシャツなどは綿(コットン)100%で肌に優しく、着心地が抜群にいい。また、アパレルは最近のトレンドに合わせて少しゆったりとしたシルエットになっており、“レトロかわいさ”と“今っぽさ”の両取りしたアイテムとなっている。



Lee×Princeシリーズは、これまでシルエットや型は変えずに生地のみを変えたアイテムが追加されてきた。現在ではこれから寒くなる季節に向けて、コーデュロイやスエード、ボアといったあったか素材のアイテムも続々と発売されており、季節にあったファッションを楽しむことができる。


コーデュロイキャップ。テニスキャップとは思えない!

また、一部のアパレルを除き、ラインナップのほとんどが男女や年齢を問わずに使うことができるカラーリングやデザインとなっているので、カップルでペアルックを楽しむことも可能だ。「おしゃれにも妥協したくない! でも、なかなかいいウェアやグッズが見つからない…」とウェア探しで困っている人は、ぜひLee×Princeアイテムに注目してみてほしい。






取材協力 グローブライド株式会社 0120-506-204(お客様センター)
Lee×Princeコラボ詳細はこちら

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

注⽬の記事PICK UP