close

2022.01.31

選手情報

大坂なおみが85位、土居美咲は72位に。WTAが1/31付ランキングを発表

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

全豪優勝のバーティは、サバレンカとのポイント差を2633に広げる

1月31日、WTAは前週の結果を受けて世界ランキングを更新。全豪オープンで3回戦敗退となった大坂なおみ(フリー)は、826ポイントで85位となり、2018年2月19日以来守っていたトップ50から転落。日本人最高位は、72位の土居美咲(ミキハウス)となった。

【画像】WTAランキングTOP20+その他の日本人をチェック(300位以内)

大坂の80位台は、2016年8月29日以来となるが、全豪では、「自分のランキングをあまり気にしていないこともわかりました。年間を通してこの調子でプレーしていけば、必要なところまで上がっていくと思います。正直なところ、もし私がグランドスラムでシードになっていなかったら、対戦相手のほうが心配するのでは。だから私としては、ハードワークを続けるつもりです。そうすれば、自分の進むべき道にたどり着けると思います」とランキングについては、あまり心配していないと語っている。
現実的に考えると、ネームバリューもある大坂が出場したいとなれば、ワイルドカード(主催者推薦)を得られる大会も少なくないはず。その間に、ポイントを重ねていきたいところ。しかし、現状では次の出場大会を明らかにはしていない。

全豪優勝のアシュリー・バーティ(オーストラリア/同1位)は2位、アリーナ・サバレンカ(ベラルーシ/同2位)との差を2633に広げて世界No.1の座をさらに盤石なものにしたほか、準優勝のダニエル・コリンズ(アメリカ)は自己最高の10位となった。

そのほか、全豪ベスト4のイガ・シフォンテク(ポーランド)は4位となり、自己最高ランクを更新。13位エマ・ラドゥカヌ(イギリス)、16位ジェシカ・ペグラ(アメリカ)もキャリアハイのランキングを更新している。

またダブルスでは、全豪ベスト4位となった青山修子(近藤乳業)、柴原瑛菜(橋本総業HD)が自己最高タイの5位に。二宮真琴(エディオン)が36位、穂積絵莉(日本住宅ローン)が50位となり、日本勢がトップ50に4名となった。

【関連記事】大坂なおみ、負けはしたが手応え「この試合で大きく成長できたと思う」 [全豪オープン]

【関連記事】青山修子/柴原瑛菜、土壇場で追いつく執念見せるもフルセットで敗れグランドスラム初の決勝進出ならず[全豪オープン]

【関連記事】元全仏準Vペア二宮真琴/穂積絵莉、第9シードに対してマッチポイントを握るも、フルセットで惜敗[全豪オープン]

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

Photo by Takeo Tanuma

注⽬の記事PICK UP