close

2022.03.02

選手情報

ウクライナ軍入りしたスタコフスキーが、家族との別れについて告白「3歳の息子が『パパ、どこに行くの?』と聞いてきたんだ」

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

“銃を使う必要がないことを強く願っている”と語ったスタコフスキー

現地3月1日、オーストラリアのラジオ局「RSN927」は、ウクライナ軍の予備役(有事に際し、招集される)に入ったセルジ・スタコフスキー(ウクライナ)の取材音声を公開。ウクライナの首都・キエフに向かうにあたって、家族との別れのシーンについて語った。

【SNS】反戦を掲げるテニス選手に感謝を綴ったスタコフスキーの投稿がこちら

取材の中で、スタコフスキーは「正直なところ、妻が私を許してくれるのか、どのように許すのか想像がつかない。一番つらかったのは、一番下の3歳の息子の言葉だった。私が玄関にいる時に、『パパ、どこに行くの?』と聞いてきたんだ。私は『すぐに戻ってくる』と言った。それが一番つらかった」と語っている。

スタコフスキーはまたBBCラジオにも出演。「銃を使う必要がないことを強く願っている」と語ると、「妻は子供たちに、私がテニスの大会に行ったと言っていると思う。妻が非常につらい思いをしているのはわかっている。子供たちは私がここにいることを知らない。子供たちはまだ戦争を理解していない。何が起こっているのか理解するには、彼らはあまりにも小さすぎるんだ」と家を出る際のやり取りについて語っている。

1月の全豪オープン予選を最後に現役から退いているスタコフスキーは、2月26日に、イギリス『SKYNEWS』の取材に対して、「軍隊は予備役を投入し、戦う意志のある者は誰でも、武器を使って抗戦の一員になるよう決めた。たくさんの人が予備役に申し込んでいる。実は先週の土曜日に、私も登録したんだが、その時は書類の不備で本契約までは至らなかった。でもすでにその手続も不要になり、やる気のある者ならば参加できるようになった」と予備役入りしたことを表明。その後も、ツイッターなどで現地の状況などを伝えている。

【関連記事】元世界31位スタコフスキーがウクライナ軍に入ると告白、「自分も黙ってはいられない」

【関連記事】ウクライナ人のスビトリーナ、ロシア選手に快勝「国のために使命感を持ってプレーした」[モンテレイ・オープン]

【関連記事】テニスの統括団体、ロシアとベラルーシ選手のツアー&グランドスラム出場認めるも国名・国旗表示せず。チーム戦も不参加に


無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

注⽬の記事PICK UP