close

2022.05.26

選手情報

優勝候補の19歳アルカラス、成功の秘訣は「自分を信じること」[全仏オープン]

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

2回戦ではマッチポイントを握られながら劇的勝利

今、テニス界で最も注目を浴びている選手といえば、カルロス・アルカラス(スペイン/世界ランク6位)だろう。現地5月25日の「全仏オープン」男子シングルス2回戦では、同胞のアルベルト・ラモス・ビニョラス(同44位)にマッチポイントを握られながら、6-1、6(7)-7、5-7、7-6(2)、6-4と逆転で勝利をもぎ取った。19歳とは信じられない落ち着き、大胆さを見せるアルカラス。試合後の記者会見では成功の秘訣について「自分を信じること」と語っている。

【動画】“劇的な逆転勝利”を果たしたアルカラス対ラモス・ビニョラスマッチハイライト

“あなたの成功の秘訣は何なのでしょうか? その年齢にして、世界最高のプレーヤーの一人となっていますね”、という記者の質問に対して、アルカラスは「自分を信じること、そして毎日一生懸命頑張るんだ。素晴らしい目標、素晴らしい夢を持たないといけないと思う。その自分の夢を追いかけようとして、毎日一生懸命に頑張っている。それが秘訣だと思う」と返答している。

第1セットをわずか27分で奪取してから、ラモス・ビニョラスの術中にはまって2セットを取り返されて第4セットも4-5となってリターンゲームへ。先にブレークチャンスを迎えたが決めきれず、逆にマッチポイントを迎える。普通なら、プレッシャーに押し潰されてしまうような状況だが、そこを凌いでブレークバック。タイブレークの末にセットを奪うと、第5セット、先にブレークされながらも、6-4で逆転勝利。プレッシャーがかかる状況で、“自分を信じること”は、容易でないことはまちがいない。

「第4セット終盤も、チャンスが来ると信じていた。ずっと自分を信じていたんだ。もちろんタフな状況だった。それでも、僕は自分を信じていたんだ」とこの逆転勝利も“信じて”いたからこそ実現できたと語っている。

今シーズン、ATPマスターズ1000大会2つを含む4大会で優勝を果たしてランキングも6位にジャンプアップ。ATPマスターズ1000「ムチュア・マドリード・オープン」(スペイン・マドリード)では、ラファエル・ナダル(スペイン/同5位)、ノバク・ジョコビッチ(セルビア/同1位)、アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ/同3位)を倒して優勝しているのだから、今大会の優勝候補に挙げられることはもちろん、将来の世界ランク1位になると言われるのも納得だ。

「みんなが僕のことを話題にしてくれて、僕が世界No.1になると思ってくれるのはうれしい。もちろん少しはプレッシャーもあるけどね。でも、そのことはなるべく考えないようにしている。もちろん世界ランク1位になることは、テニスを始めたときからの僕の夢ではある。そのためには、もっと努力しないといけないね」、アルカラスにとってもNo.1は夢の一つ。そのために、もっと努力が必要だと語っている。

1回戦後には「優勝候補の一人だと思われていることが、モチベーションになっている」とも語っているアルカラス。続く3回戦では、同じく若手のホープ、第27シードのセバスチャン・コルダ(アメリカ/同30位/21歳)と対戦する。



■全仏オープン2022
日程/2022年5月22日(日)〜6月5日(日)
開催地/フランス・パリ:ローランギャロス
賞金総額/4,360万ユーロ(約59億円)
男女シングルス優勝賞金/220万ユーロ(約3億円)
サーフェス/クレーコート

【特集】全仏オープン2022の記事はこちら


無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

写真=田沼武男

注⽬の記事PICK UP