close

2022.12.25

メーカーズボイス

〈テニス用おすすめサングラス〉インドアやナイターのまぶしい照明でもボールが見やすくなる! 冬におすすめしたいプリンス(prince)のサングラス2選

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

インドアやナイターでおすすめの『偏光機能付きサングラス』(写真下)と屋外&インドアの両方でおすすめの『NXT調光サングラス』(写真上)



《おすすめサングラス2》

紫外線の量に合わせて瞬時にレンズの色が変わる!
『NXT調光サングラス』

冬場でも屋外でのプレーが多く、外でもインドアでも両方使えるサングラスが欲しい! という人には、プリンスの『NXT調光サングラス』をおすすめしたい。


屋外・インドア両用の高性能サングラス『NXT調光サングラス』(品番:PSU040、価格:税込18,700円)。カラーは「ブラック×ピンク」

〈レンズの特徴〉
銃弾も貫通しないほど強いのに柔らかい&紫外線の量によって瞬時に色が変化

同モデルの最大の魅力は、名前にもなっている「NXTレンズ」が使用されていること。このレンズは、アメリカ陸軍の防弾プロテクター(チョッキ)の開発のために作られた素材で、“銃弾が当たっても貫通しない”という強さを持ちつつ、柔らかさ(弾力性)もあるのが特徴。これによりレンズとして加工しやすく、曲げても歪みが出にくいため、物の距離感が取りやすいというメリットがある。硬いレンズでは曲げた時に厚みが変わりやすく、どうしても歪みが生じやすい。歪みがあると、裸眼で見た場合と物の距離感が合わなくなるというデメリットが出てしまうのだが、このNXTレンズなら、曲げても歪みが出にくいため、サングラスをかけた時とかけていない時の見え方に差が出にくい。つまり、長時間プレーしても疲れにくく、サングラスに慣れていない人や初心者でも気軽に着用することができる、というわけだ。

そしてもう一つ特筆すべきは、調光機能が強いこと。分かりやすく言うと、紫外線の量に応じてレンズの色が明るくなったり暗くなったりする機能がついており、その色の変化する幅が大きい、ということ。レンズの可視光線透過率(光を通す度合い)が約90%(レンズが明るい状態)から約20%(レンズが暗い状態)まで変わるため、サングラスを日差しの強い昼間にかけていて、夕方になって少し暗くなってもそのままかけていれば、サングラスが勝手に対応してレンズの色が変わってくれるのだ。

しかも、“瞬時に色が変わる”のが、NXTレンズの大きなポイント。人間の目の場合、例えば暗いトンネルの中を抜けて急に明るい場所に出ると、目が明るさに慣れるまで5分ほど時間がかかるものだが、NXTレンズの色が変化するまでにかかる時間は、わずか30秒ほど。一般的な調光レンズは1分ほどかかるというので、NXTレンズがいかに瞬時に変化するかが分かるだろう。おさらいすると、明るさの度合いの幅が広く、なおかつ、レンズの色が明るく(または暗く)なるスピードが速い、というのが特徴なのだ。


『NXT調光サングラス』の調光時のレンズの色味

『NXT調光サングラス』なら、真夏のギラギラした太陽の下でも(明るい時でも)、少し天気が変わって曇ってきた場合でも(暗い時も)、レンズがすぐに自動的に調整してくれるので、つけっぱなしでOK。もちろんインドアやナイターでの使用も可能で、紫外線を99.9%以上カットする機能もついている。

〈フレームの特徴〉
レンズが曇りにくい&耳にかける部分も調整可能だからよりフィットする!

この“強くて弾力性がある”というNXTレンズの特性を生かし、レンズはフレームの鼻の部分の一点で留まっているのも大きなポイント。この一点留め(ベンチレーションシステムという)により顔にフィットしやすく、さらにレンズが割れにくくなるので、ボールが当たってもケガするリスクが非常に少ない、というメリットがある。

加えて、レンズが曇りにくいというのも特徴。ベンチレーションシステムにより、フレームの外側とレンズの間に隙間ができ、ここから空気が逃げていくためレンズが曇りにくく、常に快適な状態でプレーできるのだ。

このほか、『偏光機能付きサングラス』と同様に、鼻に当たるノーズパッドの調整やパーツ交換も可能。フレームに使われているプラスチック素材も同じなので、フレームはしなやかで柔らかい。さらに、この『NXT調光サングラス』では、耳にかける部分(テンプル)の素材がラバーになっており、360度方向に調整ができるようになっている。人の耳の高さは左右で微妙に異なる場合が多いので、より顔にフィットした状態で着用できる設計になっているのだ。

「一眼タイプ」もラインナップ!
かっこよさを求めたい男性におすすめ

この『NXT調光サングラス』は、一眼のワイドタイプもラインナップ。“二眼タイプだと真ん中の部分がどうしても気になってしまう”という人は、一眼タイプを使用してみてほしい。一眼タイプは二眼タイプよりも視界が広くなり、例えばサーブなどのプレーがしやすいメリットがある。レンズも少し大きく、着用するとややゴツイ印象になるので、サングラスにかっこよさや力強さを求めたい男性に特におすすめだ。


『NXT調光一眼サングラス』(品番:PSU240、価格:税込19,800円)

一眼タイプは、二眼タイプに比べてフレームの部分のカーブが強くなるため、レンズを曲げる幅も大きくなる。前述したように、レンズの曲げ幅が大きいほど、一般的には歪みが発生しやすいのだが、この“強くて柔らかい”NXTレンズの特性のおかげで、そうしたデメリットを打ち消すことに成功。一眼タイプは、まさにNXTレンズだからこそ生まれたサングラスと言えるのだ。


『NXT調光一眼サングラス』の調光時のレンズの色味

カラーは、二眼タイプは「レッド×ブラック」と「ブラック×ピンク」の2色展開。『偏光機能付きサングラス』と同様にいずれも性別・年齢を問わず着用できるカラーリングになっている。一方の一眼タイプは、特に男性におすすめとあって、ブラックの1色のみとなっている。


二眼タイプ『NXT調光サングラス』のカラー「レッド×ブラック」


このように、テニスシーンで大活躍してくれるのがプリンスのサングラス。夏場だけでなく冬場にもサングラスを効果的に着用して、目を保護しながらより快適にプレーを楽しもう!



取材協力 グローブライド株式会社 0120-506-204(お客様センター)
『偏光機能付きサングラス/NXT調光サングラス』の詳細↓
https://princetennis.jp/product-category/tennis/tennis-sunglasses

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

注⽬の記事PICK UP