close

2022.01.13

選手情報

ダニエル太郎、世界197位に快勝! 2年連続5度目の全豪本戦にあと1勝 [全豪オープン予選]

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

ダニエル太郎が2年連続5度目の全豪OP本戦に王手

1月13日、今年最初のグランドスラムである全豪オープンの予選4日目、男女2回戦が行われ、予選第7シードのダニエル太郎(エイブル/世界ランク120位)は、ジャン・マルコ・モローニ(イタリア/同197位)に6-3、6-1で勝利。予選決勝に進出し、本戦へあと1勝とした。

【画像】ダニエル太郎、全豪オープン予選2回戦スタッツ

【画像】日本人選手3名が登場! 「全豪オープン」予選決勝 1月14日の試合予定

先週行われた「アデレード国際1」(オーストラリア・アデレード/ATP250)では、ランキングで格上のロレンツォ・ムゼッティ(イタリア/同60位)に勝利したダニエル。

今大会予選でも調子を維持しており、1回戦では、アンドレア・アルナボルディ(イタリア/同250位)に6-3、6-3で快勝。この日の試合でも先にリードを許したものの、すぐにブレークバックに成功。第8ゲームでモローニの片手バックハンドを狙いチャンスを握ると、これを逃さず、サービスゲームを破り、第1セットを6-3で奪った。

これで勢いに乗ったダニエルは、0-1から安定したサービスゲームと、ミスのないストロークで3度のサービスブレークをして、6ゲームを連取。一気に試合を決め、2年連続5度目の全豪オープン本戦に王手をかけた。

試合を通してダニエルは、ファーストサーブで76%、セカンドサーブで54%と高い確率でポイントを獲得。凡ミスもわずか9本と安定したプレーを見せた。

予選最終日となる14日は、予選決勝行われ、ダニエルは、予選第29シードのサルバトーレ・カルーソ(イタリア/同150位)と対戦する。

今大会予選は、10日から14日まで行われ、3試合を勝ち抜くと本戦に出場することができる。

<日本人男子予選2回戦の試合結果>
○ダニエル太郎(エイブル/世界ランク120位)[7] 6-3 6-1 ●ジャン・マルコ・モローニ(イタリア/同197位)[29]

※ランキングは1月10日付のもの、[]内はシード数、WC=ワイルドカード(主催者推薦)

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

写真=田沼武男 Photos by Takeo Tanuma

注⽬の記事PICK UP