close

2022.01.31

選手情報

フェデラーが全豪優勝のナダルを祝福、「あなたを心から祝福します」[全豪オープン]

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

ナダルと数ヵ月前に語った冗談も明かしたフェデラー

1月30日、全豪オープン男子シングルスを制覇した第6シードのラファエル・ナダル(スペイン/世界ランク5位)をライバルのロジャー・フェデラー(スイス/同17位)が「グランドスラム21勝を達成した初の選手になったあなたを心から祝福します」「この時代をあなたと分かち合えることを誇りに思う」とインスタグラムのストーリーズに祝福の言葉を投稿した。

【動画】2017年大会決勝、フェデラーとナダルが見せた伝説の26本のラリーをチェック

以下が、フェデラーが投稿したメッセージである。
「素晴らしい試合でした! 私の友人であり、偉大なライバルであるラファエル・ナダルへ。グランドスラム21勝を達成した初の選手になったあなたを心から祝福します。数ヵ月前、私たちは『松葉杖をついている』と冗談を言っていましたね。驚きです。偉大なチャンピオンを過小評価することはありません。あなたの素晴らしい仕事ぶり、献身、そして闘志は、私や世界中の数え切れないほどの人々にインスピレーションを与えています。この時代をあなたと分かち合えることを誇りに思うと共に、過去18年間、あなたが私にしてくれたように、あなたがより多くのことを達成できるよう後押しする役割を担えることを光栄に思っています。この先もきっと、もっと多くのことを成し遂げられると思いますが、まずは今回の優勝を楽しんでください」

フェデラーとナダル、そして全豪といえば、2017年大会では決勝で対戦。今年の決勝と同様にフルセットの戦いとなり、フェデラーが6-4、3-6、6-1、3-6、6-3で勝利するという名場面が思い出される。

ナダルから“インスピレーション”を受けたというフェデラー、復帰に向けてさらにモチベーションも高まったかもしれない。そのフェデラーは、昨年のウィンブルドン後の7月に、3度目の膝の手術を受けており、スイスのメディアに対して“2022年半ばまで競技に復帰できそうにない”と語っている。



■全豪オープン2022
日程/2022年1月17日(月)〜30日(日)
開催地/オーストラリア・メルボルン:メルボルンパーク
賞金総額/7,500万豪ドル(約62.7億円)
男女シングルス優勝賞金/287.5万豪ドル(約2.3億円)
サーフェス/ハード
試合球/「ダンロップオーストラリアンオープン」

【特集】全豪オープン2022の記事はこちら


【関連記事】ナダル2度目の全豪制覇、5時間24分の激戦を制してGS単独最多21冠&2度目のキャリアGS達成

【関連記事】ナダルが2度目の全豪制覇、「こんなに感動的な優勝は今までなかった」 

【関連記事】フェデラーが「競技復帰は2022年の半ばになると思う」と告白、引退についても言及

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

注⽬の記事PICK UP