close

テニスクラシック・ブレーク2018年12月号

ヒップで打てる!! 極キレスライス 超ハネスピン 七色の顔を持つ“バイプレーヤー” いぶし銀スライス

本体価格:販売終了

12月号 :: 巻頭技術特集 :: ヒップで打てる!! 極キレ「スライス」 超ハネ「スピン」



11月はサーブ強化月間!!

ヒップで打てる!! 極キレ「スライス」 超ハネ「スピン」


>P16-17

リターナーを外に追い出すキレのいいスライスサーブ、頭近くまで跳ねてラケットを弾くスピンサー ブ。テニスをする人なら、誰もが“打ってみたい!”と憧れるサーブだ。ならば、その打ち方をご 紹介!!というわけで、今回の巻頭特集は「極キレスライス」&「超ハネスピン」。そのためのカギ を握るのが“ちゃんとスイングできているか?”そして“ちゃんとボールを捕らえているか?”。編集 部が太鼓判を押す今回の特集! アナタのサーブは、次のテニスからグンと成長する!!


解説: 内山伸一郎(MTSテニスアリーナ三鷹ヘッドコーチ・写真左)

自身国内大会をプレーヤーとして転戦し、20年近いコーチ経験と試合経験を生かし て上達をサポートする実力派コーチ。 

撮影協力=佐藤 郷(MTSテニスアリーナ三鷹チームコーチ。写真右)
技術解説写真: 青山義幸、プレー写真: 山岡邦彦・石塚康隆(NBP)、安藤 晃
撮影協力: MTSテニスアリーナ三鷹
※解説は、右利きのプレーヤーを基本にしています



12月号 :: 巻中技術特集 :: 七色の顔を持つ“バイプレーヤー”いぶし銀 スライス



トップスピン全盛のこんな時代だからこそ!
七色の顔を持つ“バイプレーヤー”
いぶし銀 スライス



ラケットの大きな進化により、一般プレーヤーの皆 さんでも驚くほど強烈なトップスピンが打てるよう になりました。しかし、トップスピンばかり打っていると、実はテニスのショットを打つ楽しみは半分しか味わっていないことに・・・。試合の勝ち負けはもちろん大切ですが、もっとさまざまな球種が打てるようになれば、テニスの楽しみはさらに広がります。 今回は、そんな球種の代表格である『スライス』にスポットを当ててみましょう!


解説: 吉田寛康 (よしだ ひろやす)写真右

東急あざみ野テニスガーデン アウトドアヘッドコーチ
自らトーナメントへもチャレンジする実践派。「実 戦で感じたものをレッスンで生徒さんにお伝えで きるように頑張っています!」


撮影協力: 柳田海人( やなぎだ かいと) 東急あざみ野テニスガーデン アウトドアコーチ
コーチ解説写真: 山岡邦彦(NBP)
プロプレー写真: 石塚康隆(NBP)



12月号 :: 好評連載 :: スペインドリル解体新書「攻め時を見逃さないポジショニング」



“ただの練習”⇒"強くなるための絶頂練習”へ!
スペインドリル解体新書
「攻め時を見逃さないポジショニング」



「この練習が何の意味があるかわからない・・・」「効果的な練習がしたい!」など、現状の練習を漠然とこなしてはいませんか?

シンプルでありながら何人もの世界No.1のプレーヤーを生んだスペインドリルを教えます!

練習の意味を知れば、プレーも変わる!! 今回は深いボー ルと浅いボールの処理の仕方を覚えるスペインドリルをご紹介!


解説: 一藤木貴大(写真中央)

最高JOPランキング/シングルス23位、ダブルス24位。全日本選手権ダブルスベスト8。2001年、 13歳からスペインのサンチェス・カサルテニスアカデミーにテニス留学し、8年在籍。

現在、YSCテニスアカデミーのジュニアヘッドコーチとしてトップジュニアの育成を行っている。

今回撮影に協力いただいたのは池田涼子選手(写真左)と堀江結衣選手(写真右)
※ともにYSCテニスアカデミー育成クラス



12月号 :: 目次