close

2020.11.03

メーカーズボイス

PR

【もう打った?革命ラケット!!第3弾】プリンスX<エックス>待望の[新色][新ウェイト]が11月発売!!

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存


苦手なバックハンドを
解決するための秘策とは!?

その一つの結晶が、『プリンス・エックス<prince X>』のシャフト部に採用された『ツイストパワーテクノロジー』である。これは正に一般プレーヤー開発にあたってのきっかけが、テニス愛好家であったエンジニアの悩みだった。一般的に、フォアハンドよりバックハンドが苦手なプレーヤーが多い。どちらが苦手か? と尋ねたら、7割以上、ひょっとしたら8割以上が後者と答えるだろう。そのエンジニアもバックハンドが苦手だった。

そもそも、なぜバックハンドが苦手な人が多いのか。それは、フォハンドとは体の使い方、力の使い方、スイングの大きさが異なるため。フォアハンドに適したラケット、バックハンドに適したラケットなら作れるが、二刀流はルール上アウト。そこでフォアハンドとバックハンド、それぞれが打ちやすい性能が変わるラケット作りに着手する。もちろん、その工程は簡単なものではない。考えられるすべての可能性を試していく日々となった。そうして、たどり着いたのが、『ツイストパワーテクノロジー』だった。



問題のバックハンドで、このテクノロジーはどんな役割を果たすのか?
先ほどフォアハンドとは振り方が異なると書いたが、バックハンドでは、フォアハンドよりもスイングが小さくなるため、スイング速度も遅く、パワー不足になってしまう。ここで『ツイストパワーテクノロジー』が効果を発揮する。2本あるシャフトの上側がボールに対して開いている形状になっているため、<フレームがしなりを発揮>。フェイス部のボックス形状と相まって、ボールを掴んでから放つと言う“しなり戻し”を発揮する。結果的に、ボールを押す効果となり、安定したショットが可能となるわけだ。





逆に、誰でも大きくスイングでき、スイング速度が速くなるフォアハンドでは、そのエネルギーを確実にボールに伝えることが重要。2本あるシャフトの上側がボールに対して被っている形状になっているため、フォアハンドでは<フレームがしならず>。フレームが硬く反応するため、スイングのエネルギーを確実にボールに伝えることができる=強打ができるわけだ。




「プリンス・エックス」の中でも
人気の105平方インチモデルに
新カラー・新ウエイトが登場!

2018年の発表時には、100平方インチと105平方インチの2種類がラインナップされたが、その製造の難しさもあって、ニーズに追いつかないほどの人気となっていた。中でも特に人気となっていたのが、105平方インチモデル。その購入者からのリクエストに<明るいカラーも欲しい>というものが数多く寄せられていた。そして、11月下旬、「Prince X 105」に新色3モデルが登場する。

ホワイト×レッドは290g、ホワイト×ブルーは270g、そしてホワイト×シルバーは255g。軽くなるほどに、操作性を求めるプレーヤーに最適と言えるモデルである。








ただ、“特に255gに関しては、飛びは大丈夫か?”と疑問に思う人もいるかもしれない。大丈夫である。『ツイストパワーテクノロジー』は、軽量でも打ち負けることはないのだ。それどころか、軽量な分、取り回しもよくなるため、サーブ、ボレーと、より活躍する場面は増えるかもしれない。

鮮やかなニューカラー、ニューウエイトを加え、さらに選択肢が広がった『プリンス・エックス<prince X>』が、真の意味で<ニュー・スタンダード>と呼ばれる日も近づいている。

テニスクラシック編集部では、このプリンス・エックス第二弾の試打インプレッションを後日お届けする!

スペック
プリンス エックス 105(290g)
7TJ128/7JT131(左利き用)
■本体価格 ¥40,000(税別)
■フェイス面積 105平方インチ
■平均ウェイト 290g(フレーム)
■スイングウエイト 310
■全長 27.0インチ
■素材 高弾性カーボン
■グリップサイズ 7TJ128/1、2 7JT131/1、2
■ストリングパターン 16×19
■推奨テンション 50+-5lbs
■テクロノジー ツイストパワーテクノロジー、2ピーススロート
■フレームカラー ホワイト×レッド

プリンス エックス 105(270g)
7TJ129/7JT132(左利き用)
■本体価格 ¥40,000(税別)
■フェイス面積 105平方インチ
■平均ウェイト 270g(フレーム)
■スイングウエイト 280
■全長 27.0インチ
■素材 高弾性カーボン
■グリップサイズ 7TJ129/1、2 7JT132/1、2
■ストリングパターン 16×19
■推奨テンション 46+-5lbs
■テクロノジー ツイストパワーテクノロジー、2ピーススロート
■フレームカラー ホワイト×ブルー

プリンス エックス 105(255g)
7TJ130/7JT133(左利き用)
■本体価格 ¥40,000(税別)
■フェイス面積 105平方インチ
■平均ウェイト 255g(フレーム)
■スイングウエイト 280
■全長 27.0インチ
■素材 高弾性カーボン
■グリップサイズ 7TJ130/1、2 7JT133/1、2
■ストリングパターン 16×19
■推奨テンション 46+-5lbs
■テクロノジー ツイストパワーテクノロジー、2ピーススロート
■フレームカラー ホワイト×シルバー

取材協力 グローブライド株式会社
https://princetennis.jp/product-category/tennis/tennis-racket/tennis-racket-x

フリーダイヤル  0120-506-204

プリンス公式オンラインショップ
https://www.princeshop.jp/shop/default.aspx

プリンスラケットデモレンタルプログラム
https://www.princeshop.jp/shop/pages/racket_rental.aspx

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

注⽬の記事PICK UP