close

2021.03.21

ギア情報

全国レディーステニス大会で使用されたラケット、シューズ、ウエアは何だ!? 女子テニスのギア調査【全国レディーステニス大会】

女性たちに人気のラケット、シューズ、ウエアをメーカ別に集計!

使用ギア〈ラケット、シューズ、ウエア〉を
メーカー別に集計!

新型コロナウイルスの影響のため、約4ヵ月遅れての開催となったアマチュア女子テニスの最高峰「ソニー生命カップ 第42回全国レディーステニス大会 全国決勝大会」。3月18日、19日の2日間で行われた大会は、東京が大会2連覇を達成して終了。出場チームは13チームと少なかったが、例年と同様に女性たちによる熱戦が繰り広げられた。

【関連記事】「ソニー生命カップ 全国レディーステニス大会」東京が2連覇達成!


プレーや試合結果はさることながら、選手たちがどのメーカーのラケットやシューズを使っているのかも気になるところ。そこで前回(第41回)大会に引き続き、今大会も全出場選手78人が使用していたラケット、シューズ、ギアの調査を実施! どのメーカーが人気なのか、メーカー別に集計して紹介する。




<ラケット使用メーカー別順位>
【1】ヨネックス[33選手]42.3%
【2】ウイルソン[12選手]15.4%
【3】スリクソン[9選手]11.5%
【3】バボラ[9選手]11.5%
【5】プリンス[5選手]6.4%
【6】ダンロップ[4選手]5.1%
【7】ヘッド[3選手]3.8%
【8】ブリヂストン[2選手]2.6%
【9】テクニファイバー[1選手]1.3%

最も多かったのはヨネックスで、33選手と4割以上の選手が使用していた。そして、ウイルソンが12選手、スリクソン、バボラがそれぞれ9選手と続いている。前回の第41回大会では、トップ5がヨネックス(28%)、バボラ(19%)、スリクソン(13%)、ウイルソン(12%)、プリンス(12%)という順番だった。今大会は出場チーム数が少ないので、単純に比較はできないが、トップ5のメーカーの人気は変わらないようだ。

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

注⽬の記事PICK UP