close

2021.07.25

選手情報

大坂なおみのライバル、世界1位のバーティが初戦敗退[東京オリンピック]

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

Photo by Getty Images

女子シングルス第1シードのバーティが初戦敗退

7月25日、東京オリンピックのテニス競技、女子シングルス1回戦が行われ、第1シードのアシュリー・バーティ(オーストラリア/世界ランク1位)が、サラ・ソリベス・トルモ(スペイン/同48位)に4-6、3-6で敗れ、初戦で姿を消した。

【画像】東京オリンピックテニス競技7月25日の試合予定

2019年9月より世界ランク1位に立ち続けているバーティは、6月から7月にかけて行われたテニスのグランドスラム、ウィンブルドンで2度目のグランドスラム優勝を果たしたばかり。今大会でも日本の大坂なおみ(日清食品/同2位)の最大のライバルとして、金メダルの最有力候補だった。

この日の試合、バーティは第1セットの第3、第5ゲームで連続してサービスブレークを許してしまう。第6ゲームで1つブレークバックしたバーティだが、ソリベス・トルモの堅い守備をあと一歩崩すことができず、第1セットを4-6で落とした。このセット、バーティのアンフォーストエラー(凡ミス)数は、28本にも及んだ。

続く第2セット、第1セット同様に第1ゲームでブレークを許し、ソリベス・トルモにリードをされたバーティ。直後の第2ゲームでブレークバックするも、3-2から2度のブレークで4ゲームを連取され、ストレートで敗れた。

【特集】東京オリンピック・パラリンピック

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

注⽬の記事PICK UP