close

2021.10.23

選手情報

世界1位のバーティ、ツアー最終戦も欠場し今季終了を発表。全豪OPに向けて「妥協したくない」

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

バーティが今季終了。全豪に向けて「いいプレシーズンを過ごす」

10月23日、全豪オープンを主催するオーストラリアテニス協会は、世界ランク1位のアシュリー・バーティ(オーストラリア)が今シーズンを終了することを発表。すでに出場権を獲得しているツアー最終戦「WTAファイナルズ」(メキシコ・グアダラハラ)も欠場するとした。

【動画】バーティ、ウィンブルドンで魅せたベストショット集

バーティは「メキシコで開催されるWTAファイナルズを含め、2021年に開催される今後の大会には出場しないことをお知らせします」と今シーズン終了を発表。

さらに、「難しい決断だったけど、自分の体と2021年シーズンからの回復を優先し、オーストラリアの夏に向けて、いいプレシーズンを過ごすことに集中する必要がある。(出身地である)クイーンズランド州への帰省や検疫のことを考えると、1月に向けての準備を妥協したくない」とし、来年1月に行われる全豪オープンのために最善の準備を整えるとした。

9月のUSオープン3回戦敗退後の会見でバーティは、「今は少し休んで整理したい。残りのシーズンで何をしたいかを考える。(インディアンウェルズは)行くつもり」と語っていた。だが、同月に行われる予定だった「BNPパリバ・オープン」(アメリカ・インディアンウェルズ/WTA1000)を欠場。母国オーストラリアに帰国していた。

2019年1月より世界ランク1位を維持しているバーティは、今シーズン、ウィンブルドンで2度目のグランドスラム制覇を果たすなど、シーズン5勝。13大会に出場し42勝8敗という成績を残している。

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

写真=田沼武男 Photos by Takeo Tanuma

注⽬の記事PICK UP