close

2020.02.28

選手情報

ナダルの東京五輪出場に黄色信号!?「コロナウイルスの解決策が見つけられることを願っている」

世界中で蔓延するコロナウイルスの脅威に、ついに世界ランキング2位のラファエル・ナダル(スペイン)が反応した。

スペイン代表として過去3度、オリンピックに出場しているナダルは、東京大会でも、その活躍が期待されている。その準備として、3月12日から開催されるBNPパリバ・オープン(アメリカ・インディアンウェルズ/ATP1000)には、ダブルスでもワイルドカードを得て、出場することが決まっている。

しかし、いまだ解決に向かっていないコロナウイルスの感染拡大に、ナダルがメキシコ・オープンの会見で言及した。

「コロナウイルスが抑えられ、解決策が見つけられることを願っている。これはオリンピックだけでなく、人間にとって最も重要なこと。オリンピックは世界の中でも特別なイベントの一つで、キャリアでも2、3回しか出場することのできない、最も勝つことが難しい大会だ」とコメント。東京五輪出場へ少なからず影響があるとした。

2016年のリオ五輪では、中南米で感染拡大したジカ熱を理由に、多くのトップ選手が出場を辞退。今後のコロナウイルス感染を予測することは難しいが、安全なオリンピックおよびパラリンピックが開催されることを願いたい。

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

写真=田沼武男 Photos by Takeo Tanuma