close

2021.12.16

選手情報

ナダルが16日開幕のエキジビションマッチ会場で練習。復帰に向けて軽快な動き見せる

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

ナダル、最多5度の優勝を誇る大会で復帰

12月15日、アラブ首長国連邦・アブダビで開催されるエキジビションマッチ「ムバダラ・ワールド・テニス選手権」(12月16~18日)は、約4ヵ月ぶりにファンの前でプレーするラファエル・ナダル(スペイン/世界ランク6位)の練習動画をSNSに投稿した。

【動画】ナダル、シャポバロフとの練習で準備万端!

今年8月、ナダルは、長年悩まされてきたという足の怪我の影響で、USオープンを含むツアー大会の欠場を発表。その後、リハビリに専念し11月初旬に今大会への出場が決まった。

今大会には、過去10度も出場しており、そのうち最多5度の優勝を誇る。今回投稿された動画では、デニス・シャポバロフ(カナダ/同14位)とともに練習し、ストロークやボレーともに軽快な動きを見せている。

来年は、男子国別対抗戦「ATPカップ」を欠場するものの、1月4日開幕のATP250メルボルン大会からシーズンをスタートさせ、全豪オープンに出場する予定のナダル。良い弾みをつけて、来シーズンに向かうことができるだろうか楽しみだ。

なお、今大会への出場を表明していたキャスパー・ルード(ノルウェー/同8位)やドミニク・ティエム(オーストリア/同15位)、女子ではエマ・ラドゥカヌ(イギリス/女子世界ランク19位)が欠場。

男子では、ナダルのほか、アンドレイ・ルブレフ(ロシア/同5位)やシャポバロフ、テイラー・フリッツ(アメリカ/同23位)、ダニエル・エバンズ(イギリス/同25位)、アンディ・マレー(イギリス/同134位)が出場。第2シードで準決勝から登場するナダルは、エバンズとマレーの勝者と対戦する。

女子では、ラドゥカヌの代役にオンス・ジャバー(チュニジア/同10位)の出場が決まり、ベリンダ・ベンチッチ(スイス/同23位)と対戦する。

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

写真=田沼武男 Photos by Takeo Tanuma

注⽬の記事PICK UP