close

2022.01.16

選手情報

ジョコビッチが国外退去へ。判決には「非常に失望」として全豪オープンを欠場

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

©Tennis Australia

ジョコビッチ「全豪オープンに出場することができなくなった」

1月16日、オーストラリア政府が世界ランク1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)のビザを取り消した問題で、同国の連邦裁判所は、ジョコビッチ側の不服申し立てを認めず。この結果、ジョコビッチは国外退去となり、17日に開幕する全豪オープンも欠場することとなった。

【画像】1度目の裁判後にはコート上で笑顔を見せていたジョコビッチ

今年最初のグランドスラムである全豪オープンで大会4連覇、そして男子では史上最多となる21度目のグランドスラム制覇を目指していたジョコビッチは、5日にオーストラリア・メルボルンに到着。入国に必要な書類を提示できなかったとして、入国を拒否され、ビザを取り消されていた。

その後、ジョコビッチは不服申し立てをし、10日には訴えが認められ入国したが、14日に政府は「健康と秩序を理由に、また公共の利益にかなう」として、2度目のビザの取り消しを発表。ジョコビッチは再び裁判を起こしていた。

今回の判決が出た後に、ジョコビッチは声明を発表。「大臣が私のビザを取り消し、今回の判決が下されたことに非常に失望している。私がオーストラリアに滞在して全豪オープンに出場することができなくなった」と綴った。

一方で、「私は裁判所の判決を尊重し、出国に関しては当局に協力する」との姿勢も見せており、「この数週間、私に注目が集まったことは、気分のいいものではなかったが、これからは私が愛するテニスや大会に集中してもらいたいと思う。選手、大会関係者、ボランティアスタッフ、そしてファンのみんなの活躍を祈っている」とした。

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

注⽬の記事PICK UP