close

2022.01.20

選手情報

大坂なおみが約50分の練習。明日の3回戦は世界60位アニシモワと対戦 [全豪オープン]

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

リラックスした中、約50分の練習をこなした大坂

1月20日、全豪オープン第13シードの大坂なおみ(フリー/世界ランク14位)は、現地10時40分より約50分、練習で汗を流した。練習中には、ボレーでアンダースピンをしっかりかけて、楽しむシーンもあった。

【動画】大坂なおみ対ブレングルの2回戦ハイライト動画をチェック

予定より10分ほど遅れてコートに登場した大坂。現地の気温は25度程度だったものの、快晴ということもあってか、まずはベンチに座って顔と手に日焼け止めを塗っていく。ゲームデーではないということもあって、リラックスした表情で、中村豊トレーナーと談笑するシーンもあった。

そして練習がスタート。いつもどおり、軽くステップを踏みながらフォアハンド、バックハンドとミニテニスを行ったあと、そのまま下がってベースライン中央でストローク。続けてボレー対ストロークを行う。ボレーでは、アンダースピンをしっかりかけて楽しむシーンもあった。

その後、サーブ、リターンをこなすと、ウィム・フィセッテコーチの球出しで、ステップインしての強打を練習。さらに、昨日の試合後に言っていたとおり、不規則にバウンドするトレーニング用ボールを使い、ネットを挟んで大坂・ヒッティングパートナーペア対フィセッテコーチ・中村トレーナーペアでボールを投げ合うゲームを20分超行なった。このプレー中には、大坂が声を出して笑うシーンも見られた。

大坂は明日の3回戦でアマンダ・アニシモワ(アメリカ/世界ランク60位)と対戦する。



■全豪オープン2022
日程/2022年1月17日(月)〜30日(日)
開催地/オーストラリア・メルボルン:メルボルンパーク
賞金総額/7,500万豪ドル(約62.7億円)
男女シングルス優勝賞金/440万豪ドル(約3.7億円)
サーフェス/ハード
試合球/「ダンロップオーストラリアンオープン」

【特集】全豪オープン2022の記事はこちら

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

注⽬の記事PICK UP