close

2022.05.10

大会情報

「ピンクリボンレディーステニス大会」都道府県大会が始まりました!!

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

「ピンクリボンレディーステニス大会」 都道府県大会の会場で検診を行う「マンモバス」(2021年撮影)

ピンクリボンバッジの売上金による「ピンクリボン基金」で、
大会会場にマンモバスを派遣


日本女子テニス連盟(JLTF)では、乳がん早期発見啓発運動の一環として、2003年から「ピンクリボンレディーステニス大会」を主催しています。

【画像】「ピンクリボンレディーステニス大会」前回の都道府県大会の模様

今年も全国47支部で都道府県大会が始まりました。各地の予選大会を勝ち抜いた各都道府県の代表チーム(一般の部と55歳以上の部の優勝ペア)が「乳がん月間」の10月、神奈川県の荏原湘南スポーツセンターに結集し、全国決勝大会を戦います。



当連盟では、この乳がん早期発見啓発運動=「ピンクリボン運動」の普及のために、毎年オリジナルの「ピンクリボンバッジ」を作成し、その売上金の一部を「ピンクリボン基金」として積み立て、乳がん早期発見啓発活動に役立てています。2012年の第10回大会からは、都道府県大会や全国決勝大会に「マンモバス」検診車を派遣し、検診費用の補助を行って、大会参加選手や役員、来場者の方々に利用していただいています。

2022年度に予定されているマンモバス派遣支部は、5月17日(火)の東京都(京王テニスクラブ)、5月18日(水)の千葉県(県総合スポーツセンター内庭球場)、6月6日(月)の宮城県(シェルコムせんだい)、6月16日(木)の福島県(郡山庭球場)、7月5日(火)の岩手県(盛岡市立太田テニスコート)と埼玉県(大宮第二公園テニスコート)です。

「ピンクリボン運動」が世の中に広まり、女性たちがいつも元気にテニスコートでプレーできること、そのことが明るい家庭づくりにつながることを心から願っています。



《日本女子テニス連盟(JLTF)とは》
1967年に、その礎が創られた「日本女子テニス連盟(JLTF)」。テニスを通じてコミュニケーションを図り、テニスの普及と発展また社会に貢献できるよう努め、家族や仲間と共に健康で幸せな日々が送れることを目指して活動している。

【特集】「日本女子テニス連盟(JLTF)」ニュースはこちら

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

写真=日本女子テニス連盟

注⽬の記事PICK UP