close

2022.08.09

選手情報

西岡良仁が2年前のキャリアハイに近づく54位に。錦織圭は297位と大きくランクダウン 8/8付ATPランキングが発表

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

Photo by Getty Images

西岡良仁、ツアー2勝目ならずも54位に浮上

8月8日、ATPは世界ランキングを更新。先週行われた「シティ・オープン」(アメリカ・ワシントンDC/ATP500)で準優勝した西岡良仁(ミキハウス)は96位から大きくジャンプアップし54位に、ダニエル太郎(エイブル)が1つ下げて95位、錦織圭(ユニクロ)は297位となった。

【画像】ATPランキングTOP20+その他の日本人をチェック(300位以内)

1日に開幕した「シティ・オープン」で西岡は、初戦からランキングで格上の選手を次々と撃破し、準決勝ではトップ10選手のアンドレイ・ルブレフ(同8位)を6-3、6-4で下してATP500レベルで初めての決勝に進出。6日連続の試合となった決勝こそ敗れ、ツアー2勝目はお預けとなったが、2年前に記録したキャリアハイの48位に近づく、54位にランクインした。

同大会で優勝したのは、ウィンブルドンで決勝に進出したニック・キリオス(オーストラリア)。3年ぶりのツアータイトルを獲得し、ランキングも63位から37位へと上昇している。

なお、股関節の怪我により欠場が続いている錦織は、同大会で前年ベスト4入りしており、180ポイントが失効。160位から297位へ大きくランキングを落とした。

また、同週に行われた「ミフェル・オープン」(メキシコ・ロスカボス/ATP250)では、世界ランク1位のダニール・メドベデフが、決勝でキャメロン・ノリー(イギリス/同11位)を下し、失セット0で今季初タイトル。連覇のかかるUSオープンに向けて、シーズン後半戦の初戦で好スタートを切っている。

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

注⽬の記事PICK UP