close

2023.04.04

ジュニア選手

「第40回むさしの村チェリージュニアテニストーナメント」16歳以下男女シングルス優勝者が決定<大会最終日の結果&写真>

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

ジュニアたちの熱戦が続いた1週間


むさしの村ローンテニスクラブ(埼玉)にて「第40回むさしの村チェリージュニアテニストーナメント」が3月28日より開催。大会最終日となった4月3日は、16歳以下男女シングルスの決勝が行われた。

【写真15点】プレー&表彰写真をチェック

【表】各カテゴリーの勝ち上がり表をチェック

関東テニス協会ジュニアランキング対象となっている今大会は、公認グレード4Cとなっており、12歳以下から18歳以下までの男女シングルスとダブルス、計12カテゴリーが実施。夏に向けて少しでも試合経験を積む大きな機会となっている。

この日は、16歳以下男女シングルス決勝が行われ、男子では第4シードの白川径(レイムテニスセンター)が第6シードの萩原真司(上尾テニスクラブ)を7-5、6-2で下し優勝。女子は、第3シードの永田セイラ(フミヤエース市川テニスアカデミー)が第1シードの東佳慧(レニックステニススクール)を6-3、6-3で下して優勝を手にした。

<16歳以下男子シングルス>
●優勝:白川 径(レイムテニスセンター)[4]
●準優勝:萩原真司(上尾テニスクラブ)[6]
●ベスト4:村椿龍磨(SOL Tennis College)、三井和琉(MSS橘テニスアカデミー)[3]
●ベスト8:釣巻瑛都(ロイヤルSCテニスクラブ)、三浦旺介(荏原SSC)、近藤佑紀(町田ローンジュニアアカデミー)、吉川元晴(サレジオ学院中学校)[2]

<16歳以下女子シングルス>
●優勝:永田セイラ(フミヤエース市川テニスアカデミー)[3]
●準優勝:東 佳慧(レニックステニススクール)[1]
●ベスト4:金子結禾(寒川ローンテニスクラブ)、廣瀬美沙(龍Tennis)
●ベスト8:大杉莉子(ロイヤルSCテニスクラブ)[6]、池田彩萌(CSJ)、菊池りあ(あじさいMTCアカデミー)、前嶋夏実(小田急はたのテニスガーデン)[7]



<第40回むさしの村チェリージュニアテニストーナメント>
●場所:むさしの村ローンテニスクラブ(〒347-0042 埼玉県加須市志多見1700-1)
●種目:18歳以下男女シングルス・18歳以下男女ダブルス、16歳以下男女シングルス・16歳以下男子ダブルス、14歳以下男女シングルス、12歳以下男女シングルス・12歳以下男女ダブルス
●日程:
【18歳以下男女シングルス・ダブルス】3月31日〜4月4日(予備日:4月5日、8日~9日、15日~16日)
【16歳以下男女シングルス・ダブルス】3月30日~4月4日(予備日:4月5日、8日~9日、15日~16日)
【14歳以下男女シングルス・ダブルス】3月28日〜4月1日(予備日:4月2日~4日、8日~9日、15日~16日)
【12歳以下男女シングルス・ダブルス】3月28日〜31日(予備日:4月1日~9日、15日~16日)
●試合方法:全種目とも1セットマッチ(6-6よりタイブレーク)、決勝のみノーアドバンテージ3セットマッチ(6-6よりタイブレーク)
※参加人数や進行状況・天候によるコート状況により日程や試合方法が変更になることや、ナイターを使用することがある
●使用球:ダンロップフォート
●サーフェス:クレーコート
●公認グレード:グレード4C

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

写真提供:むさしの村ローンテニスクラブ

注⽬の記事PICK UP