close

2017.05.20

メーカーズボイス

4球缶ボールの耐久テストを実施! その結果、判明した ウイルソン「ツアー・スタンダード」の耐久力

テニスのギアで、こだわっているものは何だろうか。ラケットやシューズ、ストリング、ウエアやスポーツグラスも大事なギアではある。では「テニスボール」には、どんなこだわりがあるだろうか。



テニスをプレーするうえで、ボールはもちろん不可欠だ。しかし、それだけに出費も大きいのは実情である。そこで一般プレーヤーの味方になるのが、コスト・パフォーマンスの高い4球入りのタイプで、プラクティス・ボールと言われるものだ。ウイルソンの「ツアー・スタンダード」だけでなく、各ブランドからリリースされている。では、その4球缶、いったいどのような基準で選んでいるだろうか?

今回、「高校部活の合宿でのハードコートで1日使用」、「スクールでの1ヵ月・2ヵ月使用」など、さまざまな条件で、各社の4球缶ボールの耐久テストを行った結果、判明したのがウイルソン「ツアー・スタンダード」の耐久性の高さである。





空気圧に関しては、どのブランドのものも差はなかった。しかし、フェルトに関しては、顕著に違いが生じている。現在の市場で支持のあるA社のボールのフェルトが薄くなっていたのに対して、ウイルソンは『フェルトがより多く残っていた』のだ。前者のロゴ印字がかなり薄れていたことも追記したい。テニスボールは、フェルトがあることで「スピンをかけることができ、飛びすぎを抑えることができる」。つまり、フェルトがなくなったボールでは、テニスはできないということだ。



ウイルソン「ツアー・スタンダード」の強みは、もう一つある。『撥水性の高さ』である。オムニやクレーコートだと、少々の雨、または雨のあとでもプレーをする場合がある。そういった際の撥水性でも「ツアー・スタンダード」は強みを発揮している。唯一A社のほうが良いと言えるのは、黄色の発色のみである。つまり、見た目ではなく、ボールの耐久性では、ウイルソン「ツアー・スタンダード」が上ということ。実は、同モデルは日本の使用条件に合わせて作られたのだから、結果も納得である。



ボールを選ぶなら、何を基準に選ぶかを改めて聞いてみたい。賢い選択をすれば、より快適に長くプレーができるのだから、自ずとその答えは決まってくるだろう。

WILSON TOUR STANDARD


TOUR STANDARD 価格: オープンプライス
パッケージ: 1缶4球入り
カラー: イエロー
公認: I.T.F / J.T.A(全国高体連推奨練習球)


ウイルソン情報なんと400以上のウェブマガジン [Wilson Web Magazineバックナンバー(2011年1月号~2020年3月号)]

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

注⽬の記事PICK UP