close

2020.10.22

メーカーズボイス

2021年よりテクニファイバーのテニスボールが日本で販売開始

フランスのプレミアムカジュアルブランド、ラコステは、2021年1月よりテクニファイバーのテニスボールを日本国内で販売することを発表した。

【関連記事】2021年より新展開!! 展示会で見えた「Tecnifibre」の魅力
【関連記事】テクニファイバーがプロからジュニアまで満足させる新ラケット『T-FIGHT rs/rsl』を新発売!

テクニファイバーは、これまでブリヂストンスポーツとパートナーシップを結び、日本で展開を行ってきたが、2020年12月末日を持って契約が終了。2021年1月1日よりラコステにて新たな事業展開を実施する。

その第一歩として、ヨーロッパを中心に実績のあるテニスボールを日本市場で展開をスタート。ラコステのテニス製品の流通における相乗効果を期待し、両ブランドのテニス市場における存在感をより一層高めていくという。

今回発表されたテニスボールは全部で4モデル。ITF公認球で現在JTA(日本テニス協会)公認球にも申請している『X-ONE』(2球入りスチール缶/4球入りスチール缶)に加えて、『COURT』(4球入りプラスチックチューブ)、『NFX』(4球入りプラスチックチューブ)、ノンプレッシャーボールの『XLD』(36球入りビニールケース)が発売されることとなる。

様々な種類のボールが発売されることでユーザーの好みに合ったボールを選ぶことができるはず。発売されたら、ぜひその打ち味を試してみてほしい。


続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録