close

2020.10.22

選手情報

「ロジャー・フェデラーが下になれば話は変わる」シモンが自伝でGOAT論争を一刀両断!

写真=山岡邦彦 Photos by Kunihiko Yamaoka

2つの指標で誰かがトップに立てば
GOAT論争は終わりを告げる!

海外メディア『Tennis World USA』によると、元世界ランキング6位のジル・シモン(フランス)は自身の著書『This Sport That Makes You Crazy(発狂させるこのスポーツ)』の中で、『誰かがグランドスラム優勝回数と世界ランキング1位在位期間でトップになれば、“GOAT(史上最高の選手)”論争に終止符を打たれる』と書いていると報じている。

【関連記事】フェデラーが持つ記録に迫るジョコビッチがウィーン大会に参戦!
【関連記事】「よくやった、ラファ」フェデラーがGS20冠達成の親友ナダルを祝福!!

誰かが、とは、もちろんビッグ3と言われるロジャー・フェデラー(スイス)、ラファエル・ナダル(スペイン)、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)のこと。


フェデラーが持つ記録の更新へ一歩ずつ近づくジョコビッチ

世界ランキング1位在位期間では、歴代1位のフェデラー(310週)に対し、現在ランキング1位のジョコビッチが猛追。順調にいけば、来年3月にその記録を抜くと言われている。それについて、シモンは、「フェデラーがトップをキープしていれば、ジョコビッチやナダルも良い選手だが、彼より強くないと言えるだろう」と綴ったという。

さらに「フェデラーの記録は絶対に抜かれないと信じている人が多いからこそ、このGOATの議論が何年も前から盛り上がっているんだ。だが、例えばジョコビッチが彼を追い越せば、その思考は崩れる。我々はフェデラーより彼のことが好きではないけどね」シモン。フェデラーが美しいプレーを見せるだけでなく、数々のテニス界の記録を持っているからこそ、史上最高の選手と呼ばれる理由だと言うのだ。



そして、フェデラーが持つグランドスラム最多優勝回数20度と1位在位期間310週という記録が塗り替えられた場合は“話が変わる”と主張する。

「フェデラーの記録が抜かれれば、我々は見て見ぬふりはできなくなる。一人の選手(フェデラー)に限定することができなくなるだろう」とシモン。「我々はフェデラーのゲームが最も見ていて楽しいものであるとしているが、(勝利に対して)効果的ではない。その点、ジョコビッチのプレーは、夢のような試合ではないかもしれないが、効果的だ。彼がグランドスラム優勝回数でフェデラーを越えたら、我々はもはや顔を隠すことができなくなるだろう(=フェデラーが史上最高と言っていられなくなるだろう)」。

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録