close

2021.01.10

選手情報

ATPが「ツアーで最高のバックハンドの使い手」の10人に錦織圭をピックアップ

錦織圭がバックハンドの世界10傑に
選ばれたその理由とは?

ATPツアーの公式ライブ配信サイトである『Tennis TV』が1月6日、10人の「両手バックハンドの使い手」を紹介した動画を掲載。日本勢からはバックハンドを得意とする錦織圭(日清食品)が特集された。

【関連記事】チーム錦織圭が勢ぞろい! マイケル・チャン氏、マックス・ミルニー氏の両コーチが揃う

「ツアーで最高のバックハンドを持つのは誰?」と題したその投稿では10人の選手をピックアップし、それぞれの両手バックハンドの特徴を解説。世界1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)や同2位のラファエル・ナダル(スペイン)、元世界ランク1位のアンディ・マレー(イギリス)など、そうそうたるメンバーの中に錦織が名を連ねている。

錦織のバックハンドについては、「もし、攻撃権を奪うためにオープンコート(対戦相手のいないスペース)を作るとしたら、クロスコートのワイドへショットを打って対戦相手をラインの外へと追い出そうとするだろう」とした上で、「錦織圭はボールの外側へ左手を回しながらスピードと柔軟性を高め、肩を大きく回して背中にラケットが当たりそうになるほどにしっかりと振り抜き、精度の高いバックハンドを生み出している」と分析している。

また、「手を素早くリリースすることでショットはより鋭い角度に放たれ、鋭い回転によってコート上で相手からボールが離れていく」と評している。

2018年には米大手新聞社の『ニューヨーク・タイムズ』が選ぶ「ベストバックハンド部門」で第2位という好成績を収めた錦織。その攻撃力は度々高い評価を得ており、世界11位のガエル・モンフィスも「速くてラインギリギリの信じられないバックハンドを打ってくる。おそらくツアーの中で最も優れた(両手)バックハンドを持っている1人だと思う」と絶賛していたほどだ。

そんな錦織は2月1日から開催される男子国別対抗戦「ATPカップ(オーストラリア/メルボルン)より復帰を予定している。2021年シーズンはビッグタイトルの獲得へ向け、持ち前の両手バックハンドを武器に、大きな飛躍を遂げたいところだ。

文=中村光佑

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

写真=田沼武男 Photos by Takeo Tanuma

タグ

注⽬の記事PICK UP