close

2021.01.27

大会情報

コロナ禍の全豪オープン、ボールキッズは過去最多の380名に

選手をサポートするボールキッズ

1月27日、全豪オープンを主催するテニス・オーストラリア(協会)は同大会にワイルドカードで出場するダリア・ガブリロワ(オーストラリア)と、ボールキッズとして参加する10名が顔を合わせたとリリースを発表。同大会に参加するボールキッズは過去最多となる総勢380名になるという。

【写真】ボールキッズらと顔を合わせたガブリロワ

テニスコート後方とネット際に準備し、ポイントごとにボールを拾い、サーブをする選手にボールを渡すなど、試合を円滑に進めるために、重要な役割を担うボールキッズ。今年からは、同大会のオフィシャル・アウトフィッターとなったラルフ・ローレンのユニフォームを着用して重役を担うという。

新型コロナウイルス感染拡大防止に努めている同大会は、今大会では選手が試合中に使用するタオルをボールキッズが触れないことを規定。また、全豪オープンは使用する敷地が広いこともあり、ボールキッズは、「ロッド・レーバー・アリーナ」、「マーガレット・コート・アリーナ」、「ジョン・カイン・アリーナ」の3つのゾーンに、それぞれ割り振られることを発表。そのために、独立したラウンジを設けて、各グループごとに責任者をつけ、不特定多数の人々と接触しないような環境を整えるとしている。

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

Photo:Tennis Australia

注⽬の記事PICK UP