close

2021.01.27

選手情報

闘病中のスアレス・ナバロが「最後の化学療法セッション」を報告

昨年10月から治療を開始
コート上での姿を早く見たい

1月26日、悪性ガンの一種である「ホジキンリンパ腫」の治療を続けるカルラ・スアレス・ナバロ(スペイン)が、自身のSNSで「最後の化学療法セッション」を受けると発表した。

【関連記事】ガンで闘病中のスアレス・ナバロが早くもコートでプレー! 元全仏準優勝者と打ち合う


病気を公表したのは昨年9月のこと。翌10月には、治療開始を同SNSで伝えている。「医学的アドバイスを受けて、楽観的に進めていきます。温かなメッセージ、ありがとうございます」と綴ったSNSに対して、パブロ・アンドゥハル(スペイン)にキム・クリスターズ(ベルギー)、パウ・ガッソル(元NBA選手、スペイン人)をはじめ、世界中から彼女を励ますツイートが続々を寄せられた。
幸いなことに、治療はうまく進んでいるのだろう。12月には、テニスコートでプレーする姿を披露し、フェドカップスペイン代表として戦ったガルビネ・ムグルザの練習を訪問したことも明かしていた。

治療も最終段階。再びコート上で活躍する日を楽しみに待ちたい。

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

写真=石塚康隆 Photos by Yasutaka Ishizuka