close

2020.12.07

選手情報

ガンで闘病中のスアレス・ナバロが早くもコートでプレー! 元全仏準優勝者と打ち合う

12月6日、悪性ガンであるホジキンリンパ腫と診断された元世界ランキング6位のカルラ・スアレス・ナバロ(スペイン)が、SNSを更新。テニスコートでプレーする動画をアップした。

【関連記事】「頑張れ!」「あなたは強い!!」「VAMOS!」スアレス・ナバロのTweetに励ましの声続々

グランドスラム7度のベスト8を誇り、男子顔負けの片手バックハンドを放つ、スアレス・ナバロは、今年2月の大会を最後にツアーから離脱。9月には、体調不良が続くため、検査を受けたところ悪性ガンの一種であるホジキンリンパ腫と診断された。
その後、6ヵ月にも及ぶ治療をスタートさせたスアレス・ナバロ。ともにフェドカップスペイン代表として戦った世界ランキング15位のガルビネ・ムグルザの練習を訪問していた。

そんな元気な姿をファンに見せていたスアレス・ナバロだが、今回はなんとテニスをする姿を見せた。

相手は、2012年の全仏オープン準優勝で、ダブルスでは生涯グランドスラムを達成しているサラ・エラーニ。スポンジボールをフォアハンド、そして代名詞の片手バックハンドで華麗に返球している。

まだ、治療がスタートしたばかりのスアレス・ナバロだが、テニスができるのは、順調に回復しているからだろう。少しずつでもいい方向に向かうのを願うばかりだ。

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

写真=石塚康隆 Photos by Yasutaka Ishizuka