close

2021.01.29

選手情報

大坂なおみが米女子サッカーチームの共同オーナーに就任「素晴らしい女性たちへの投資」

大坂なおみが女性アスリートを支援
「女性たちが今の私を作った」

3度のグランドスラム優勝を誇る大坂なおみ(日清食品)が1月28日、NWSL(アメリカ女子サッカーリーグ)のチームであるノースカロライナ・カレッジに出資し、共同オーナーとなると発表された。

【関連記事】大坂なおみ、全豪オープン前哨戦でハレプ、スビトリーナらと同じ大会に出場

同チームの公式サイトで大坂は、「私を成長させてくれた女性たちが今の私を作ってくれた。彼女たちがいなかったら、私の人生はどうなっていたかわからない。ノースカロライナ・カレッジへの投資は、単にチームのオーナーになることを超えていて、それぞれの分野でロールモデルやリーダーとして活躍し、すべての若い女性アスリートにインスピレーションを与えている素晴らしい女性たちへの投資です」とコメント。

また、オーナーのスティーブ・マリク会長は、「なおみは、我々がクラブで培ってきた価値観を体現しており、スポーツ以外のトピックについても貴重な視点を持っている。我々が地域社会に変化をもたらし、次世代の女性を鼓舞し続けるためにこれ以上の人はいない」と語った。


昨年7月には、グランドスラム通算23度の優勝を誇るセリーナ・ウイリアムズ(アメリカ)が、ハリウッドスターのナタリー・ポートマンさんらと共に、NWSLに新チームを2022年に発足させると発表。テニス界のスターがフィールドを変えて戦う日も遠くないかもしれない。

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

写真=田沼武男 Photos by Takeo Tanuma