close

2021.02.25

選手情報

元女王ハレプが新型コロナウイルスワクチンを接種「東京オリンピックに100%行けるようにしたい」と発言

ハレプ「オリンピックのメダルがどうしても欲しい」

2月24日、国営ルーマニア・テレビが世界ランク3位でシモーナ・ハレプ(ルーマニア)が、1回目の新型コロナウイルスワクチンを接種したと報じた。

【動画】ワクチン接種を受けるハレプ

接種後、取材に応じたハレプは、「オリンピックに100%行けるようにしたいし、いいプレーができるようにしたいと思っています。オリンピックについて話が増えていますが、オリンピックのメダルがどうしても欲しい。できれば、一つでも獲得して、その瞬間を楽しみたいと思っています。少し大変だったので、オーストラリアのように、難しい状況にならないことを願っています」と東京オリンピックに出場して、メダルを勝ち取りたいと思いを語った。

ハレプは、2012年のロンドン・オリンピックは出場したが初戦敗退。2016年のリオデジャネイロ・オリンピックでは、ジカ熱への不安を理由に欠場している。それだけに東京オリンピックへの思いも強いのかもしれない。

また、ワクチン接種もあってなのか、前日の2月23日には、自身のインスタグラムで3月1日から開催のWTA500大会「カタール・オープン」の欠場を発表している。翌週3月7日からのWTA1000大会「ドバイ・デューティーフリー・テニス選手権2021」については出場予定。同大会については「ドバイではプレーする予定。現在、体のリカバリー中なので、来週の状況を決めたい」と語っている。

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

Photo by Takeo Tanuma

注⽬の記事PICK UP