close

2021.03.25

大会情報

全国選抜高校テニス、団体戦は決勝進出校が決定、個人戦1・2回戦を実施!

©全国選抜高校テニス大会

男子が湘南工大附、相生学院
女子は四日市商、岡山学芸館が団体戦決勝へ

3月24日、「第43回全国選抜高校テニス大会」(3月20日~26日/博多の森テニス競技場・福岡県営春日公園テニスコート)は、男女団体戦(3セットマッチ)の準決勝・3位表彰式、男女個人戦(8ゲームプロセット) 1・2回戦を実施した。

【画像】団体戦・個人戦勝ち上がり表


まず団体戦、男子は湘南工大附(神奈川/[7-8])が関西(岡山/[5-6])に3-2、相生学院(兵庫/[3])が名経大市邨(愛知/[7-8])が3-1でそれぞれ勝利して、明日の決勝にコマを進めている。
一方、女子では 四日市商(三重/[1])が松商学園(長野/[5-7])に3-1、岡山学芸館(岡山)が仁愛女子(福井) に3-0で勝利して決勝進出。男女それぞれ、本日9:30〜、男女決勝(3セットマッチ)・表彰式が行われる。

また、個人戦は1・2回戦を実施し、男女各6名が勝ちあがり。本日9:30〜、シード選手も登場して個人戦3回戦、準々決勝(共に8ゲームプロセット)が行われる。

会場は、団体戦、個人戦共に博多の森テニス競技場。選手・競技役員のほか、事前登録をした選手の保護者、学校関係者のみ観戦が可能となるため、一般の観戦はできない。

※[]内シード数

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

©全国選抜高校テニス大会

注⽬の記事PICK UP