close

2021.04.05

ジュニア選手

「第38回むさしの村チェリージュニアテニストーナメント」最終日 18歳以下男子ダブルスは高橋康晟/山本律ペアが、女子ダブルスは星野桃花/鈴木千尋ペアが頂点に!

大会最終日の7日目(4/5)は、18歳以下男女ダブルスが行われた

ジュニアたちによる白熱した戦いが
繰り広げられた7日間

3月30日(火)より、むさしの村ローンテニスクラブ(埼玉県)にて開催された「第38回むさしの村チェリージュニアテニストーナメント」。大会最終日を迎えた7日目の4月5日(月)は小雨が降る中18歳以下男女ダブルスが行われた。

【ドロー】18歳以下男女ダブルスの勝ち上がり表

【写真】大会7日目のプレー写真(81枚)はこちら


関東テニス協会公認グレード4Cであるこの大会は、12歳以下から18歳以下までの男女シングルスとダブルス(12歳以下男子・14歳以下男子・18歳以下男女のみ)を実施。約300人のジュニアが参加し、開催地である埼玉県のジュニアだけではなく、関東他県のジュニアらも出場した。

18歳以下男子ダブルス決勝は、準決勝で第1シードの大野真寛(高崎T.C)/澤入春斗(一筆T.C)ペアを破って勝ち上がった高橋康晟/山本律(ともに浦和学院高)ペアと、準決勝で第2シードの吉田朋弘/吉田昌弘(ともに吉田記念テニス研修センター)ペアを下して勝ち進んだ藤倉快(太田高)/亀山日向(館林Jr.T.C)ペアの対決に。第1セットを奪われながらも第2セットをタイブレークで取り返した高橋/山本ペアが接戦を制し、頂点に輝いた。

《18歳以下男子ダブルス》
●優勝
高橋康晟(浦和学院高)/山本 律(浦和学院高)


●準優勝
藤倉 快(太田高)/亀山日向(館林Jr.T.C)


●ベスト4
日浦竜馬(宇都宮T.C)/寺岡駿弥(宇都宮T.C)


吉田朋弘(吉田記念テニス研修センター)/吉田昌弘(吉田記念テニス研修センター)



18歳以下女子ダブルス決勝は、昨日(4/4)の女子シングルス決勝を戦った2人が組んだ第1シードの星野桃花(与野T.C)/鈴木千尋(浦和学院高)ペアと、第2シードの伊東杏菜/堀陽菜子(毎日庭球日)ペアの対戦に。試合は第1シードの星野/鈴木ペアがストレートで勝利。優勝した星野選手はシングルスに続いて単複制覇を果たした。

《18歳以下女子ダブルス》
●優勝
星野桃花(与野T.C)/鈴木千尋(浦和学院高)


●準優勝
伊東杏菜(毎日庭球日)/堀 陽菜子(毎日庭球日)


●ベスト4
鹿島璃子(YSC)/阿部叶実(桜田倶楽部)
北爪優日(上野山T.S)/村田莉奈(一筆T.C)


ベスト4の北爪優日/村田莉奈ペア


続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

写真=むさしの村ローンテニスクラブ、テニスクラシック

注⽬の記事PICK UP