close

2021.04.06

選手情報

錦織圭がATPマスターズ1000モンテカルロ大会を欠場。19日開幕のバルセロナOPに出場予定

錦織圭のクレーコート・シーズン初戦はバルセロナOPか

4月6日、世界ランキング39位の錦織圭(日清食品)は、自身のアプリ「Kei Nishikori Official App」で11日に開幕する「ロレックス・モンテカルロ・マスターズ」(モナコ・モンテカルロ/ATPマスターズ1000)を欠場することを発表。海外サイトなどでも報じられている。

【画像】クレーコート・シーズンに備えて”チーム錦織”が勢ぞろい!

自身のアプリで錦織は「モンテカルロには行きません。チームとともにハードな練習をしたいです。タフなクレーコート・シーズンに準備するために」とATPマスターズ1000モンテカルロ大会を欠場すると綴った。

錦織が最後にプレーした3月下旬の「マイアミ・オープン」では、3回戦で世界ランキング5位のステファノス・チチパス(ギリシャ)と対戦し、3-6、6-3、1-6のフルセットの末に敗戦。試合後に行われた記者会見で錦織は、次戦について「まだわからない。でも、クレーコートは好きなのでプレーするのは楽しみ。いい準備をしたい。この4週間は連続して大会に出場していたから、少し休んでクレーの練習をする」と答えており、モンテカルロ大会の出場についても「まだ気持ち的に半々ぐらい」だとしていた。

次戦については、同アプリで「バルセロナでスタートする予定です」と4月19日から開幕予定の「バルセロナ・オープン・バンコ・サバデル」(スペイン・バルセロナ/ATP500)からクレーコート・シーズンを始める予定だと明かした錦織。

同大会で錦織は、8度の出場を果たしており、2014年と2015年で連覇を達成。通算成績で22勝6敗という相性の良さを見せている。連戦の疲れを取り、万全の状態でクレーコート・シーズンを迎えることを願うばかりだ。

なお、現在発表されている同大会の出場選手には、世界ランキング3位のラファエル・ナダル(スペイン)や同5位のチチパス、同9位のディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)らが出場を予定。トップ20から11人がエントリーしている。

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

写真=田沼武男 Photos by Takeo Tanuma

タグ

注⽬の記事PICK UP