close

2021.04.05

選手情報

青山修子/柴原瑛菜ペアが、マイアミ・オープン女子ダブルスを制覇。WTA1000初優勝!

写真提供:ゲッティ イメージズ

第2セットには
相手にセットポイントを
握られる局面も


現地4月4日、「マイアミ・オープン」(アメリカ・マイアミ/WTA1000)最終日。女子ダブルス決勝で、第5シードの青山修子(近藤乳業)/柴原瑛菜(橋本総業HD)は第8シードのヘイリー・カーター(アメリカ)/ルイザ・ステファーニ(ブラジル)と対戦。6-2、7-5で勝利して優勝。アブダビWTA女子テニス・オープン」(WTA500/アラブ首長国連邦・アブダビ)、「ヤラ・バレー・クラシック」(WTA500/オーストラリア・メルボルン) に続いて、今季3勝目を果たした。今季3勝は、WTA最多。2019年からペアを組んでいる両者にとって、最も大きなタイトルとなった。

【動画】青山/柴原ペア優勝の瞬間


第1セットは互いにブレークチャンスを握る展開に。青山/柴原ペアは、第3ゲーム、第7ゲームでブレークして6-2でセットを先取する。余裕があるスコアにも見えるが、ディサイディング・ポイントを含めて、このセットだけで5度のブレークポイントを防いでいる。
続く第2セットは、第6ゲームのディサイディングポイントを決められて先にブレークを許す。すると3-5で迎えた第9ゲーム、40オールと相手のセットポイントを迎える。このディサイディングポイントを奪ってブレークバックを果たすと、第11ゲームでブレークして6-5。続く第12ゲームをキープして勝利を収めた。

試合後の記者会見で、柴原は「マイアミ・オープンは、私が楽しみにしていた数少ない大会の一つです。私は日差しが降り注ぐインディアンウェルズとマイアミで生まれ育っているので特別な大会。小さい時、いつもテレビで見ていて、ここでプレーしたいと思っていました。だからこそ、今回の優勝は本当に特別なものです」とコメント。青山は、「グランドスラムに次ぐビッグトーナメントでの優勝なので、正直、信じられない思いです。これで自信もつく。グランドスラムでも今日みたいなプレーをしたいですね(笑)」と喜びを語っている。

【関連記事】[一問一答]青山修子/柴原瑛菜ペアが語る決勝のポイント[マイアミOP女子ダブルス優勝!!]


続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

注⽬の記事PICK UP