close

2021.04.09

選手情報

チチパスから直々に尾脇勇之介君に届いた片手バックのコツを紹介

チチパス流ダウン・ザ・ライン術
片手バックハンドで打つ人は必見!

なんとステファノス・チチパス(ギリシャ)から、片手バックハンドでダウン・ザ・ラインを打つコツが届いた!

尾脇勇之介君と弟・康次郎君の尾脇兄弟が、日々テニスを頑張っていることは、テニスファンの方なら多くの方がご存知のはず。その頑張る様子は、ご家族がInstagramアカウント (@kosuke.o4o5)にアップ。それを通じて、ATP公式サイトや何人かの選手からメッセージが届いたりしている。中でも、熱心なのが、チチパスで2020年8月以来、ことあるごとに勇之介君の投稿を見てコメントをくれている。

今回、届いたメッセージは、片手バックハンドでダウン・ザ・ラインを打つコツについてである。チチパスは、メッセージに次のように書き込んでいる。



「ダウン・ザ・ラインは、肩のローテーションをより使うようにしてみてね。
クロスに打つのは、より簡単です。もしダウン・ザ・ラインに打つ時は、肩のローテーションをより使ってボールを打ったほうがいいよ。キミの体重をボールにぶつけて、後ろ足に体重は残さない。これは助けになると思う。

もし、ボールが短くなってしまうなら、グリップを少しだけバックハンド・イースタン(・グリップ)寄りに開いてみてみよう。ほんの少しだけね(ボールとのコンタクトポイントが少し上を向くように)。逆に飛びすぎてしまう、もしくは深く入りすぎるなら、少しフェイスを被せるように調整してみてね。そうすれば、より余裕が出てくると思う。

それと、ダウン・ザ・ラインを打つ時は、ボールに対してステップする際に、右かかとから入るようにしてみてね。難解でないといいんだけど」

【動画】チチパスから届いたコツで早速練習する尾脇勇之介君


チチパスのアドバイスどおり、練習してみた勇之介君は、いつもよりいいボールが打てたという。片手バックハンドでダウン・ザインに打つことを悩んでいる方は、このコツを試してみてはいかがだろうか。



片手バックハンドで打つ尾脇勇之介君



続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

Photo by Takeo Tanuma

注⽬の記事PICK UP