close

2021.04.16

選手情報

ナダル、わずか55分の圧勝! 世界17位のディミトロフはミスを連発[ロレックス・モンテカルロ・マスターズ]

ディミトロフに圧勝! 準々決勝の相手は好調ルブレフ

「ロレックス・モンテカルロ・マスターズ」(モナコ・モンテカルロ/ATPマスターズ1000)シングルス3回戦、世界ランキング3位のラファエル・ナダル(スペイン)が、同17位のグリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)に6-1、6-1と圧倒。わずか55分で試合を終わらせ、ベスト8進出を決めた。

【動画】ナダルがディミトロフに完勝! マッチハイライト

同大会最多となる11度の優勝を誇るナダルは、1回戦でフェデリコ・デルボニス(アルゼンチン/世界ランク87位)と対戦し6-1、6-2で快勝。3回戦では過去13勝1敗(モンテカルロ大会では3勝0敗)のディミトロフと対戦した。

第1セット、ナダルは5ゲームを連取するなど、ディミトロフに付け入る隙も与えず、6-1で奪う。このセットだけでディミトロフのアンフォーストエラー数は15本と、ウィナー数の2倍近くに及んだ。続く第2セットでもミスが止まらないディミトロフ。ナダルが3度のブレークに成功し、6-1で勝利。試合時間は55分だった。

勝利したナダルは試合後にATPのインタビューに応じ、「彼(ディミトロフ)は多くのミスをしてしまった。僕は正しいことをしたけど、今日は僕が良かったというより、彼自身のせいだというのが本当のところだ」とコメント。それでも、「正しい準備ができていたと思う。大好きな大会のひとつで、そこでプレーできることにワクワクしている。明日はまた厳しい試合になる。それに向けて準備するよ」と語った。

その準々決勝では、第6シードのアンドレイ・ルブレフ(ロシア/世界ランク8位)と対戦する。ルブレフは、3回戦でクレー巧者で第9シードのロベルト・バウティスタ・アグ(スペイン/同11位)に7-6(2)、5-7、6-3のフルセットで勝利している。

ナダルとルブレフの対戦は、昨年の「Nitto ATPファイナルズ」以来なく、ナダルが2勝0敗で勝ち越しているものの、クレーコートでの対戦はない。現在、今シーズン最多勝利数の22勝を挙げているルブレフの好調さを考えると、ナダルにとって脅威となる相手には間違いない。どのような戦いになるのか楽しみだ。

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

写真=田沼武男 Photos by Takeo Tanuma