close

2021.04.30

選手情報

大坂なおみが土居美咲との日本人対決を制し2回戦進出[マドリード・オープン]

大坂なおみがクレーコート・シーズン初戦をストレート勝利で飾る

「ムチュア・マドリード・オープン」(スペイン・マドリード/WTA1000)シングルス1回戦、第2シードの大坂なおみ(日清食品/世界ランク2位)が、土居美咲(ミキハウス/世界ランク79位)を7-5、6-2で破り、2回戦に進出した。

【動画】大坂なおみがクレーコート・シーズン初戦をノータッチエースで締めくくる

今大会、大坂は、WTA1000マイアミ大会以来の試合でクレーコート・シーズンの初戦。一方の土居は、予選2試合をいずれもストレートで下し、本戦出場を果たしている。両者の対戦成績は、大坂の2勝0敗。直近では、2020年のUSオープン1回戦で対戦し、6-2、5-7、6-2で大坂が勝利している。

日本人対決となったこの日の試合では、第1セット第2ゲームで土居が、クレーコートを苦手とする大坂を左右に揺さぶり、ブレークに成功する。しかし、徐々に調子を取り戻した大坂は、ミスを減らして2度のブレークでリードを奪った。5-4となった第10ゲームでは、土居にラブゲームでブレークを許したものの、直後の第11ゲームで6度のデュースの末に大坂が3度目のブレーク。7-5で第1セットを奪った。

第2セットでは、大坂が第1ゲームでブレークすると、第7ゲームでも40-0からブレーク。このリードを保ち、ストレートで2回戦進出を果たした。

勝利した大坂は、2回戦でカロリーナ・ムチョワ(チェコ/世界ランク20位)と対戦。ムチョワは、1回戦でワン・チャン(中国/同47位)を6-1、6-3で勝利している。

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録