close

2021.05.04

選手情報

バーティ対シフォンテク。全仏女王対決はバーティに軍配[マドリード・オープン]

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

激しい打ち合いとなった両者の対戦

5月3日、「ムチュア・マドリード・オープン」(スペイン・マドリード/WTA1000)シングルス3回戦、第1シードのアシュリー・バーティ(オーストラリア/世界ランク1位)は、第14シードのイガ・シフォンテク(ポーランド/同17位)と対戦。“全仏女王対決”は、バーティが7-5、6-4で勝利して準々決勝にコマを進めた。

【動画】バーティvs.シフォンテク マッチハイライト


非常に見応えのある打ち合いだった。第1セット第2ゲーム、バックハンド・スライスを多用し打点を低くさせようというバーティに対して、シフォンテクはスピンが利いた重いボールで強打していく。すると、4度目のブレークポイントでブレークに成功。続くゲームをキープして3-0とする。

ここからバーティのショットの精度がさらにアップする。第4ゲームをキープすると、第5ゲームでブレークバックに成功。そのままキープが続くと、第11ゲームでもブレークに成功。バーティが第1セットを7-5で先取する。

第2セット第3ゲームで、先にブレークしたのはバーティ。すると第6ゲームで3度ブレークポイントを迎えたが、ブレークバックは許さず。そのキープを守って6-4。勝利を収めた。



敗れたものの、バーティをして「プレーは別格」と言わしめたシフォンテク


「試合最初の30分は、互いに調整期間のようなものだった。私は、イガの重いショットに慣れるのに時間がかかってしまった。当初のゲームプランから、調整する必要があった。今日の試合は、本当に楽しめた。いいチャレンジだったわ。イガのプレーは別格。非常に非常に印象深いものだった。今晩は、私のテストのようなもの。彼女という課題は簡単ではなったけれど、こうやってチャレンジすることが大好き。私はイガのプレー、ゲーム展開が大好き。特に恐れることなくプレーしてくるところがね。ディフェンシブな状況からニュートラルな状況に持っていく能力は非常に素晴らしいと思う」とシフォンテクのプレーを讃えたバーティ。

続く準々決勝でバーティは、第9シードのペトラ・クビトワ(チェコ/同12位)と対戦する。

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録