close

2021.08.03

選手情報

<一問一答>錦織圭、オリンピック後初戦で白星「この良い感覚をなくさないようにしたい」[シティ・オープン]

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

錦織圭、世界68位のクエリーにストレート勝利も「ボールの感覚はまだまだ」

8月2日、「シティ・オープン」(アメリカ・ワシントンD.C./ATP500)、錦織圭(日清食品/世界ランク67位)は1回戦で、サム・クエリー(アメリカ/同68位)と対戦。6-4、6-3のストレートで下し、東京オリンピック後の初戦を勝利で飾った。

【動画】錦織圭、西岡良仁の「シティ・オープン」1回戦ハイライト

東京オリンピックテニス競技でシングルス、ダブルスともにベスト8入りした錦織は、7月29日に行われたシングルス準々決勝からわずか4日で今大会に出場。USオープンに向けた北米シリーズをスタートさせた。

第1セット、錦織はクエリーのサーブに食らいつき、プレッシャーをかけていくと、第9ゲームでブレークに成功し、6-4でセットを奪う。第2セットではクエリーに追い上げられたものの、2-3の第6ゲームで5度のブレークポイントをセーブすると、そこから4ゲームを連取。2回戦に駒を進めた。

「2セットでいい形で勝てた。危ない場面も2セット目はあったが、切り抜けてから流れも来た」と振り返った錦織だが、東京オリンピックでの連戦の疲れが残っており、「今日(試合を)入れられるのかというのはあった。練習も昨日しかできていないので、ボールの感覚はまだまだ」とコメント。

それでも、「日本で久しぶりに良い感覚を手に入れた。この良い感覚をなくさないようにしたい」と、USオープンまでの北米シリーズで勝ち星を積み上げていきたいとした。

2回戦では、第9シードのアレクサンダー・ブブリク(カザフスタン/同39位)と対戦する。

以下、会見での錦織の一問一答である。

Q.東京オリンピックから中3日という短い間隔での試合でした。今のコンディションや試合の内容はどのように感じましたか?

「正直、疲れはまだありますね。意外とできたなという感じはありますけど、今日(試合を)入れられるのかというところもありました。けれど、1試合目ですし、練習も昨日しかやっていないので、ボールの感覚がまだまだなところはありましたけど、だいぶコンディションも日本とは違う。その中でもプレーの内容的には、こうやって2セットでいい形で勝てたというのは、良い流れは続いているのかなと感じましたね。試合の中でも1セットに1ゲーム(第2セットは2ブレーク)、いいリターンゲームでブレークできたことは大きかったです。危ない場面も2セット目はありましたけど、あれを切り抜けてからは流れも来た。危なかったですけど、ファイナルセットに行っていた可能性もあったので。でも、流れ的にはいい感じなのかなと思いました」

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

タグ

注⽬の記事PICK UP