close

2021.08.02

選手情報

西岡良仁が56位、錦織圭が67位に。3週連続優勝のルードがキャリアハイを更新。8/2付ATPランキングが発表

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

錦織圭らUSオープンに向けた北米シリーズに出場

8月2日、ATPは世界ランキングを更新し、日本人トップの西岡良仁(ミキハウス)は56位、錦織圭(日清食品)も67位とポジションを上げ、USオープンに向けた北米シリーズに突入した。

【画像】ATPランキングTOP20+その他の日本人をチェック(300位以内)

先週行われた「ゼネラリ・オープン」(オーストリア・キッツビュール/ATP250)では、キャスパー・ルード(ノルウェー)が、得意のクレーコートで3週連続優勝を達成。2011年10月のアンディ・マレー(イギリス)以来の快挙となった。これにより、ランキングも12位に上昇。トップ10入りが近づいてきた。

「トゥルイスト・アトランタ・オープン」(アメリカ・アトランタ/ATP250)では、ジョン・イズナー(アメリカ)が、決勝でブランドン・ナカシマ(アメリカ)を下し、約2年ぶりにタイトルを獲得。ランキングを30位に上げている。

今週行われる「シティ・オープン」(アメリカ・ワシントンD.C./ATP500)には、シングルスで錦織や西岡、内山靖崇(積水化学工業/同123位)、ダブルスでマクラクラン勉(イカイ)が出場。8月30日に開幕するUSオープンに向け、順調にコンディションを整えたいところだ。

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

写真=田沼武男 Photos by Takeo Tanuma