close

2021.09.24

選手情報

USオープン覇者のメドベデフ、シングルスでの勝利貢献に意気込み「ダブルスは得意じゃないからシングルスで勝ちたい」[レーバーカップ]

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

USオープンを制したメドベデフ「すべての試合に勝ちたい」

9月24日から26日に開催される「レーバーカップ」(アメリカ・ボストン)の記者会見が、23日に行われ、欧州選抜のダニール・メドベデフ(ロシア/世界ランク2位)は「すべての試合に勝ちたい」と意気込みを語った。

【動画】メドベデフの「ダブルスは得意じゃない」にメンバーも苦笑

3度目のグランドスラム決勝となった9月のUSオープンで、世界ランク1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)を破り、初優勝を飾ったメドベデフ。優勝後の周りの変化について問われたものの、「正直に言うと、特にないね。何日か休んだだけで、今はレーバーカップに来ていて、すべての試合に勝ちたいと思っている。もちろんお祝いのメッセージが届いて、それは素晴らしいことだ。でも、そうでなくても自分の人生で何をすべきか知っているし、このまま続けていいプレーをしたいと思っているよ」と、大きな変化はないとコメント。今大会でベストのパフォーマンスを出したいと語った。

また、今大会はジョコビッチやラファエル・ナダル(スペイン/同6位)、ロジャー・フェデラー(スイス/同9位)らBIG3が欠場しているものの、欧州選抜のメンバーは全員がトップ10。その中でもメドベデフは最もランクの高い選手となっている。

「ヨーロッパを代表して参加することになって、とても楽しみにしている」としたメドベデフは、「初めての経験で何が起こるかわからない。大会のフォーマットはわかっているが、ダブルスは得意じゃないからシングルスでチームにできるだけ多くのポイントをもたらしたいと思っているよ (笑)  テレビで見ているのと、実際にプレーするのは違うんだ。だから、自分の初戦を楽しみにしているし、キャスパー(ルード)の初戦、ベンチでの様子も楽しみ。この象徴的なアリーナに2万人もの観客が集まっているのを見てみたいね」と、初めての経験を楽しみたいとした。

グランドスラム初優勝から初戦を迎えるメドベデフ。どのようなプレーでファンを沸かせるのか楽しみだ。

<大会初日9月24日の試合予定>
第1試合
<欧州選抜>キャスパー・ルード(ノルウェー/同10位) vs. <世界選抜>ライリー・オペルカ(アメリカ/同19位)

第2試合
<欧州選抜>マッテオ・ベレッティーニ(イタリア/同8位) vs. <世界選抜>フィリックス・オジェ・アリアシム(カナダ/同11位)

第3試合
<欧州選抜>アンドレイ・ルブレフ (ロシア/同5位) vs. <世界選抜>ディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン/同15位)

第4試合
<欧州選抜>アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ/同4位)/ベレッティーニ vs. <世界選抜>ジョン・イズナー(アメリカ/同22位)/デニス・シャポバロフ(カナダ/同12位)

<欧州選抜>
ダニール・メドベデフ(ロシア/世界ランク2位)
ステファノス・チチパス(ギリシャ/同3位)
アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ/同4位)
アンドレイ・ルブレフ(ロシア/同5位)
マッテオ・ベレッティーニ(イタリア/同7位)
キャスパー・ルード(ノルウェー/同10位)
※キャプテン:ビヨン・ボルグ、副キャプテン:トーマス・エンクヴィスト

<世界選抜>
フィリックス・オジェ・アリアシム(カナダ/同11位)
デニス・シャポバロフ(カナダ/同12位)
ディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン/同15位)
ライリー・オペルカ(アメリカ/同19位)
ジョン・イズナー(アメリカ/同22位)
ニック・キリオス(オーストラリア/同95位)
※キャプテン:ジョン・マッケンロー、副キャプテン:パトリック・マッケンロー

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

写真=田沼武男 Photos by Takeo Tanuma

注⽬の記事PICK UP