close

2021.10.13

選手情報

モンフィス4回戦進出。驚きのスマッシュ返しも披露 [BNPパリバ・オープン]

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

アンダーソンのスマッシュに反応したモンフィス

現地10月12日、「BNPパリバ・オープン」(アメリカ・インディアンウェルズ/ATPマスターズ1000)男子シングルス3回戦、第14シードのガエル・モンフィス(フランス/世界ランク18位)は、ケビン・アンダーソン(南アフリカ/同69位)と対戦し、7-5、6-2で勝利。その中で、スーパープレーを見せた。

【動画】モンフィスが見せたスーパープレーをチェック


そのプレーが見られたのは第1セット第10ゲーム。30オールでサーブを入れたモンフィスは、アンダーソンにダウン・ザ・ラインを攻められてバックハンド・スライスで対応。浮いたボールをアンダーソンはスマッシュで叩きつける。この届きそうにない跳ねたボールに対して、モンフィスはなんと飛びついてスマッシュのように叩いた。ダウン・ザ・ラインに飛んだボールはわずかにサイドアウトになり、本人も苦笑い。それでも、モンフィスでしかありえないようなスーパープレーに、会場はしばらく鳴り止まない大歓声に包まれた。

今年最初のグランドスラム、全豪オープンでの初戦敗退後には、記者会見で「自信がない。この悪夢から抜け出せない」と涙ながらに話していたモンフィス。だが、5月ATP250リヨン大会で約15ヵ月ぶりに勝利。全仏オープンでは2回戦進出、USオープンでは3回戦に進出など徐々に調子を上げていく。そして前週のATP250「ソフィア・オープン」では、準優勝となり、連続決勝進出記録を現役2位となる17年に伸ばしている (1位は2004年から記録を続けるラファエル・ナダル/スペインの18年連続)。

予想どおり、今大会でもコンディションが良さそうなモンフィス。続く4回戦では第3シードのアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ/世界ランク4位)と対戦する。

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

注⽬の記事PICK UP