close

2021.10.14

大会情報

【速報】どちらが勝っても初優勝!「第18回ピンクリボンレディーステニス大会 by Admiral全国決勝大会」決勝は福岡×奈良のカードに!

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

ともに初優勝をかけて
福岡と奈良が決勝で激突!

女子アマチュアテニスの最高峰とされる「ピンクリボンテニス大会」の全国決勝大会。「福岡×京都」「奈良×兵庫」のカードとなった準決勝は、福岡が京都に、奈良が兵庫にそれぞれ2-0のストレートで勝利し、福岡と奈良が決勝進出を決めた。決勝進出は、福岡は第12回大会以来2回目、奈良は初となる。果たして勝利の女神はどちらにほほえむのだろうか!? ともに初優勝をかけた決勝は13時からスタートする予定だ。

【画像】選手の集合写真&準決勝のプレー写真&トーナメント表はこちら!

同大会は、乳がんの早期発見や早期治療を呼びかける「ピンクリボン運動」の推進を目的とし、2003年より日本女子テニス連盟が主催しているテニス大会。全国決勝大会は、各都道府県大会で行われた「一般の部」と「55歳の部」の優勝ペア2組(女子ダブルス)によって構成されるチーム戦(都道府県対抗戦)で争われる。

〈準決勝結果〉
福岡2-0京都
福田実千江/菰田久美8-5佐野千夏/堤 千秋
福島菜摘/橋詰侑果8-5新見昌子/村田美香

奈良2-0兵庫
多田久実子/坂田麻樹8-6田中玲子/西澤みゆき
関 幸/武岡幸子8-4佐藤有美/児島希和



〈第18回ピンクリボンレディーステニス大会 by Admiral 全国決勝大会〉
●日時:
 2021年10月13日(水)9:00開会式、9:30試合開始
 2021年10月14日(木)9:00試合開始、15:00(予定)表彰式
●場所:荏原湘南スポーツセンター(神奈川県藤沢市稲荷1-9-1)
●種目:女子ダブルス
●競技方法:
 ・一般の部、および55歳以上の部、優勝者2組による団体戦
 ・8ゲームプロセット(ノーアドバンテージ方式)
 ・1勝1敗の場合は、一般および55歳以上から1名ずつ選出したペアにより第3試合を行い、勝敗を決定(第3試合は10ポイントのタイブレーク)
●使用球:Wilson TRINITI

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

写真=山岡邦彦(NBP) Photos by Kunihiko Yamaoka

注⽬の記事PICK UP