close

2021.10.27

選手情報

全豪OP開催地の首相が “ワクチン未接種選手のための免除申請はしない”と改めて発言

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

豪州首相の発言に反応した州首相

10月27日、全豪オープン開催地であるオーストラリア・ビクトリア州のダニエル・アンドリュース州首相は、記者団に対して「ビクトリア州はワクチン未接種の選手のための、免除申請はしないことを明確にしたい」と発言した。

【動画】全豪オープン2021スペシャル動画


「選手が予防接種を受けていないのに、観客や大会で働く人に、予防接種を受けるように求めるつもりはない。また、(国に)免除を申請するつもりもない。従って、この問題は基本的に解決している」と語ったアンドリュース州首相。これは、オーストラリアのスコット・モリソン首相が、ワクチン未接種の選手が入国できる可能性を示したのを受けてのコメントである。

モリソン首相は、「ワクチンを受けていない人を2週間隔離するというのは賢明なこと。しかし、少し柔軟性も必要だ。私たちはこの国で大きなイベントを開催したいと思っている。それは多くの雇用を生み出すことにもなるし、オーストラリアがオープンだということを世界に示したい」と語っていた。

前週、政府のアレックス・ホーク移民相は “ビザを取得して全豪オープンに出場したい選手は全員、新型コロナワクチン接種を完了している必要がある”とコメントしていたが、モリソン首相の言葉はそれとは少し内容が異なっている。そのため、アンドリュース州首相は「ホーク移民相の言葉こそが政府の見解だと思っていたが、180度変わってしまった。ワクチンを接種したビクトリア州民やそのほかの人々が、大会会場に入るために列を作るのに、ワクチン未接種の選手がすんなり入れるというのは、とてもフェアなことだとは思えない」とアンドリュース州首相は語っている。ビクトリア州では10月1日に、アスリートを含む就労を許可された労働者へのワクチン接種を義務化。76.5%の州民が完全摂取済みだという。

この問題に関しては、ノバク・ジョコビッチ(セルビア/世界ランク1位)がワクチン摂取はプライベートな情報として公表しないと発言。同2位のダニール・メドベデフ(ロシア)もその意見に賛同しており、話題となっている。

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

注⽬の記事PICK UP