close

2021.11.17

ギア情報

伸びのあるスピンを打ちたい! ならばトロライン(TOROLINE)のちょい細ゲージ3種類「CAVIAR(キャビア)/ABSOLUTE(アブソルート)/SUPERTORO(スーパートロ)」がおすすめ

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

“細ゲージ”ストリング(ガット)に
米カリフォルニア発「トロライン」が登場

日本でストリング(ガット)というと、ゲージが1.25mmのものを使っているケースが多いと思うが、最近ではさらに細いゲージのストリング(ガット)が各メーカーから多種発売されており、巷でじわじわと人気になっている。そうした細いゲージのストリング(ガット)に、新たなブランドが日本に登場。その名も「トロライン(TOROLINE)」である。

トロラインは、アメリカ・カリフォルニア発のテニスストリングメーカー。“質にコダワル”をコンセプトに、徹底した商品開発で、ポリエステルでも手に負担の少ない打球感を追求し、お手頃な価格で商品を提供することを掲げている。


伸びのあるスピンボールが打てる!

今回紹介したいのは、トロラインのポリエステル・ストリング(ガット)3種類である。1つ目は、六角形型のストリング(ガット)『CAVIAR(キャビア)』だ。ジュニアや柔らかいポリが好きなプレーヤー向けのモデルで、相手を押し込めるような伸びのあるスピンが体感できるような設計になっている。インパクト時の衝撃が抑えられた打球感も特徴だ。ゲージ(糸の太さ)が1.20mmと1.24mmの2種類あるが、より優れた反発性や打球感を求めて1.20mmを選択する人が多いという。

2つ目の『ABSOLUTE(アブソルート)』も、『キャビア』と同様に六角形型のストリング(ガット)だ。スピンがしっかりかかりつつも、打ち応えのある柔らかい打球感が特徴。ヒジへの負担を軽減させたモデルで、耐久性も兼ね備えている。中上級プレーヤー向けにおすすめ(※『キャビア』と『アブソルート』は縦糸と横糸が分かれているため、1本張りはできないので注意)。

3つ目の『SUPERTORO(スーパートロ)』は、『キャビア』と『アブソルート』とは異なり、五角形型のストリング(ガット)。ハードに打ちたい上級者や競技者向けのモデルで、伸びのあるスピンを打てるのはもちろん、よりコントロール性に優れた設計になっている。

レベルに合わせて選べるトロラインの細ゲージ・ストリング(ガット)3種類。体への負担を減らしつつもスピンをしっかり打ちたい、と願う人はぜひこの機会に試してみてほしい。

▶テニスクラシックオンラインストア(公式通販ショップ)の最新トロラインストリング販売価格はこちら

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録