close

2021.11.18

選手情報

ジョコビッチ、復帰遅れるフェデラーにエール「このような形でキャリアを終えたくないと思っているはず」

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

ジョコビッチ、フェデラーの復帰に「最後の挑戦をする」

11月17日、世界ランク1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)が、現在ヒザのリハビリでツアーから離れているロジャー・フェデラー(スイス/同16位)について言及。テニス界の象徴のような存在だとし、「もう一度彼のプレーを見られることを願っている」とエールを送った。

【動画】ジョコビッチ vs. フェデラーの50度目の対戦となった2020年全豪オープン準決勝

7月に3度目の手術を受けたフェデラーは母国スイスメディアに対し、「オーストラリア(全豪)はまったく選択肢にない。でも、それは私にとっては驚きでもないんだ。手術を受ける前から、何ヵ月もの休養が必要になることはわかっていた。1月には静かにランニングを再開し、3月か4月にはサポートを受けながらコートで練習を再開できるだろう。したがって、競技復帰は2022年の夏頃になると思う」とコメント。来年全豪オープンなどを欠場し、ツアーで戦えるような状態にするまで、かなりの時間を要するとした。

このフェデラーの発言について、ツアー最終戦に出場中のジョコビッチは、「ロジャー(フェデラー)はこのスポーツの象徴であり、世界中の人々が彼を愛している。彼のプレー、存在が大好きなんだ。コート内外で私たちのスポーツにとって、非常に重要な存在だよ」と、改めてテニス界におけるフェデラーの立ち位置について言及。

「僕たちのスポーツのためにも、もう一度彼のプレーを見られることを願っているよ。彼自身、このような形でキャリアを終えたくないと思っているはずだ。間違いなく最後の挑戦をする」とフェデラーの復帰を願うとともに、それに向けての挑戦もしてくるだろう断言した。

2006年の初対戦から50度もの対戦をしてきたライバルであり、ともにテニス界の頂点に君臨してきたジョコビッチとフェデラー。彼らが再びコートで相まみえる時が来るのだろうか。

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

写真=田沼武男 Photos by Takeo Tanuma

注⽬の記事PICK UP