close

2021.12.03

選手情報

メドベデフ、WTAとATPの意見を尊重するも「中国で大会が来週あるなら誰も安心できない」

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

メドベデフ「WTAの判断は間違いなく大きい」

12月2日、世界ランク2位のダニール・メドベデフ(ロシア)が、男子国別対抗戦「デビスカップ by Rakuten ファイナルズ」の記者会見に出席。女子テニスで元ダブルス世界ランク1位のペン・シューアイをめぐる一連の問題に対し、「中国で大会が来週あるのなら、誰も安心できないだろう」と語った。

【動画】デビスカップ準々決勝で華麗なロブショットを決めたメドべデフ

11月初めにペンが中国の元副首相から性的暴行を受けたと告白した問題で、これまでWTA(女子テニス協会)は、公正かつ透明性のある調査を求めていたが、満足のある回答を得られず。

WTAは、1日に香港を含む中国での大会中止を発表。2019年シーズンでツアーの6分の1を占めていた中国でのビジネスから撤退する大きな決断を下した。

一方、2日にはATP(男子テニス協会)も声明を発表。「オープンな対話を求める」としたが、大会中止はしなかった。

これに対し、現在開催中の男子国別対抗戦「デビスカップ by Rakuten ファイナルズ」で、ロシア代表として戦うメドベデフは、「僕たち全員が望んでいるのは、彼女の安全を確認すること。だが、それはまだ100%ではない。それが僕たちの願いなんだ。WTAが行ったことは、確かに強い決断だ。それと同時に、世界にはWTAやATP以外の多くの企業がある。ほとんどは中国の外にあって、働いているんだ。誰かを非難したいわけではないが、何をすべきかいろいろな意見があってもいいような気がする」と、持論を展開。

「(ATP会長の)アンドレア・ガウデンツィ、ATP、すべての選手の話を聞くと、みんな彼女に会いたい、安全でいてほしいと思っている。もしかしたら、アンドレアはこの状況で何をすべきか、どのように対応すべきか、異なる意見を持っているかもしれない。WTAとは異なる反応をATPはした。どちらが良いとか悪いとかは言いたくないが、WTAが判断したことは間違いなく大きい。たくさんのお金が絡んでいるし、(WTA会長の)サイモンがこのような決断をしたのは強いと思う」と、ATPとWTAのどちらの意見も尊重した。

また、中国で試合をすることに安心できるかという質問には、「次の中国での大会は秋に開催されるから、中国という国で何が起きているのか、ペン・シューアイに何が起きているのか、状況がもっと進展することを願っている。今、僕たちが抱えている問題は、人が行方不明になっているということで、それは良いことではない。何が起きるかわからないから、問題が解決することを願っている。だからこそ、僕はこの時期にコメントしたくないんだ。それでも、(仮に中国で)来週大会があるのなら、おそらく誰も安心できないだろう。状況がどのように進展し、どのような結果になるのか見ていこう。この言葉はあまり好きではないが、ポジティブな言葉になることを願っている」と、ペンの安全を保ち早期解決を願った。

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

注⽬の記事PICK UP