close

2021.12.10

選手情報

1月2日開幕のアデレード大会に西岡良仁がエントリー。女子では世界1位のバーティらトップ10から9名が出場予定

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

女子ではトップ10から9人、グランドスラム優勝経験者が多数出場

12月10日、全豪オープンなどを主催するテニス・オーストラリア(協会)は、1月2日からアデレードで開催される大会の男女エントリーリストを発表。日本人では西岡良仁(ミキハウス/世界ランク81位)がエントリーした。

【画像】ATP250&WTA500アデレード大会のエントリーリストをチェック

1月17日に開幕する全豪オープンに向け、男女それぞれ5大会ずつ行われる前哨戦。2日から行われるアデレードでは、男子がATP250、女子がWTA500というグレードとなっている。

男子のエントリーリストに入ったのは21選手。同期間に国別対抗戦「ATPカップ」(オーストラリア・シドニー)が行われていることや全豪オープンの開催地であるメルボルンでも前哨戦が行われており、トップ20からの出場者はなく、世界ランク21位のガエル・モンフィス(フランス)がリストの一番上に名前が載った。日本人では西岡が18番目に入っている。

女子では20選手がエントリーリストに。世界ランク1位のアシュリー・バーティ(オーストラリア)や同2位のアリーナ・サバレンカ(ベラルーシ)、同3位のガルビネ・ムグルザ(スペイン)らトップ10から9人が出場。8人のグランドスラム優勝経験者が名を連ねる豪華な顔ぶれとなった。

なお、1月4日からメルボルンで本戦が行われるATP250大会には錦織圭(日清食品/同47位)が、WTA250大会には大坂なおみ(日清食品/同16位)らが出場予定となっている。

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

注⽬の記事PICK UP