close

2021.12.10

選手情報

錦織圭、大坂なおみ、ナダルの名前も。1月3日からの全豪OP前哨戦エントリーリストが発表

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

1月3日スタートの大会に日本の両エースがエントリー

12月10日、テニス・オーストラリア(協会)は、1月3日〜9日にメルボルンで開催される男女大会のエントリーリストを発表。ATP250大会に錦織圭(日清食品/世界ランク47位)、2つのWTA250大会に大坂なおみ(日清食品/同13位)がエントリーしていることがわかった。

【画像】ATP250メルボルン大会のエントリーリストをチェック

【画像】WTA250メルボルン大会のエントリーリスト(2大会分)をチェック


ATP250大会のメインドローに入ったのは21選手。錦織は8番目となっている。ケガから復帰が期待されるラファエル・ナダル(スペイン/同6位)、ビッグサーブが特徴のライリー・オペルカ(アメリカ/同26位)、グリゴール・ディミトロフ(ブルガリア/同28位)とトップ30からは3選手が名を連ねたほか、ヒザ痛のため、9月に今季終了を発表したダビド・ゴファン(ベルギー/同39位)もエントリーしている。


一方、WTA250の2大会にエントリーしたのは44選手。4度グランドスラムを制し、前回の全豪オープン女王である大坂のほか、全仏準優勝のアナスタシア・パブリチェンコワ(ロシア/同13位)、19再のUSオープン女王、エマ・ラドカヌ(アメリカ/同19位)、元世界No.1のシモーナ・ハレプ(ルーマニア/同20位)など、トップ50の内、20選手がエントリーしている。エントリーしている選手は、12月27日の週に分割され、2大会に分けられる予定。

メルボルン大会の前日からアデレードで行われるATP250大会には西岡良仁(ミキハウス/同81位)もエントリーしており、WTA500大会も開催。テニスファンとしては年始から忙しいスケジュールとなりそうだ。

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

注⽬の記事PICK UP